2009年 07月 19日
観蓮会2009
昨年、初めて訪れた東大緑地植物実験所の観蓮会。(記事
今年も18日(土曜日)がその日だった。
b0070020_1028673.jpg

この日しか一般公開しない(それも午前中)ので、近くに住んでいる者としてはラッキー。
この実験所は、1952年、東大の大賀博士がこの地で行われていた遺跡発掘の際に発見された古代ハスの種の発芽に成功させて、培養させてきた場所でもある。
この公開に合わせて、ウォーキングのイベントが行われているようで、多くのウォーカーたちが訪れていた。

この古代ハス(大賀ハス)以外にも、世界中から集められたハスの花が競うように咲いていた。
(以降、クリックすると拡大します)
b0070020_10395927.jpg

この日は撮影に絶好のうす曇だったが、梅雨明けとはいえ、蒸し暑くて、汗まみれになった。
b0070020_1041821.jpg




b0070020_10434422.jpg

艶やかな薄ピンクのハスの花は、何に例えればよいかな?
b0070020_1042480.jpg

白いハスも気品がある。
b0070020_10424092.jpg

昨年はきれいなショウジョウトンボがいたが、今年はシオカラトンボ。
b0070020_10425786.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2009-07-19 10:46 | 撮影記 | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2009-07-19 22:25
色んな種類の古代蓮…グラデーションも綺麗です。
全部堪能させていただきました。

王道のピンクは流石に美しいですね。
シオカラトンボと蓮のつぼみ…素敵です~^▽^
Commented by dosanko0514 at 2009-07-19 23:01
sazamameさん、こんばんは!

ありがとうございます。
今回は、すべて望遠ズームで撮りました。

遠くからの方が、背景をうまくボケさせることができたからです。

>シオカラトンボと蓮のつぼみ…素敵です
なぜか、いっぱい飛んでいました。
きっと、ハスを生けている水槽が彼らの育った場所かも知れません。


<< 映画鑑賞記「ハリー・ポッターと...      ガンバレ! 石川遼 >>