2010年 05月 24日
谷津バラ園にて その3
今年のバラは、過去5年訪れた中で一番キレイに咲いている。
株あたりの花の数も多い。
それだけ天候に恵まれていたことと、バラ園の職員の方々の努力の賜物なのだろう。

青空
b0070020_2221356.jpg

・パープル系だけれど、澄んだ色が美しい。

アロハ
b0070020_22224576.jpg
・濃いピンクが南国を連想させる

ピエール・ドゥ・ロンサール
b0070020_22242729.jpg
・咲きかけの花が面白い形

黒真珠
b0070020_22255857.jpg
・暗い赤のビロードのような花びらが好きだ。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-05-24 22:27 | 撮影記 | Comments(6)
Commented by kiccyomu at 2010-05-25 00:47
こんばんは。。。
谷津バラ園では、、たぶんどこかでニアミスしているようですね。
私も久しぶりに綺麗な薔薇たちを見たような気がします。
やはり咲き始めの薔薇が一番綺麗ですね。
それに、私もいつも思いますが、バラ園を綺麗に手入れしていただいている方々に感謝ですね。
薔薇は、ピンク色も綺麗ですが、「ピエール・ドゥ・ロンサール」のような中心がピンク色、というのも結構好きです。
Commented by sazamameinko at 2010-05-25 07:27
おはようございます。
この3もとても素敵な薔薇の登場です。
1の薔薇の色を観て、小椋佳の「時」という歌を思い出しました
「♪街角で偶然に出会った…とてもとても遠い日…
君の好きな色は変わらず…淡い淡い紫でしたね~」
昔大好きだった歌です。
黒真珠という薔薇…好きな女性にこれを花束にして
「僕の血液のような…この薔薇を君に上げよう!」
と手渡したくなる情熱的な色の薔薇ですね^▽^/
Commented by dosanko0514 at 2010-05-25 08:34
kiccyomuさん、おはようございます。

ブログにアップしている花は撮影順で撮影していますので、どこかですれ違いがあったかも知れませんね。
この日は、うす曇(花曇)ということで、光が適当に軟らかく差し込んでバラの花が一層美しくしてくれたように思えます。

「ピエール・ドゥ・ロンサール」は、比較的新しい品種のようですが、個性的で美しかったです。
もっとボカシてみても面白かったと今になって思っています(笑)
Commented by dosanko0514 at 2010-05-25 08:37
sazamameさん、おはようございます。

小椋佳さん・・・懐かしいですね~。 叙情的な詞を書いて、心に残りました。
この歌詞は知りませんでしたが、「シクラメンのかほり」はレコ大を獲得した名曲です。

>「僕の血液のような…この薔薇を君に上げよう!」
うっわー! ダンディなsazamameさん、もらった女性はイチコロでしょう(笑)
Commented by i0812n at 2010-05-25 13:22
こんにちは。バラの写真、かわいいお花ですね。咲き始めが綺麗だと、
よく言われたことがあります。私もまた、バラの写真を一度、撮ってみた
くなりました。ありがとうです。
Commented by dosanko0514 at 2010-05-25 21:46
はまかぜさん、こんばんは~♫

ありがとうございます。
今回の画像、単体の花ばかりですが、実際は、数え切れないほどのバラの花が咲き誇り、香りも漂っていて、とっても気持ちが良かったです。

はまかぜさん、この季節に東京に来ることがあったら、バラ園を案内しますよ。
思いっきり写真を撮ってみて!


<< 谷津バラ園にて その4      谷津バラ園にて その2 >>