2010年 07月 19日
東大緑地植物実験所観蓮会-その4
シリーズの最後(多分)、来年も観られることを祈って・・・・。
(クリックで拡大します)
極楽寺蓮
b0070020_21321866.jpg

望遠で暗いバックに浮かぶハスを狙い撃ち。

天竺斑
b0070020_21572956.jpg

花の淵の紫が高貴なイメージを受ける。

西湖蓮
b0070020_21573097.jpg

蓮の本場、中国の西湖から移入された一品。
上品な白蓮だ。

巨椋の炎
b0070020_21573041.jpg

古くから蓮の名所だった京都の小椋池がルーツ。 今はその池は無いという。

ここ東大の緑地植物実験所の移転が数年前から噂され、
近隣住民の方々が「蓮の聖地」移転反対の運動を繰り広げてきた。
ボクも署名して、移転反対に賛同した。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-07-19 22:08 | 撮影記 | Comments(4)
Commented by i0812n at 2010-07-20 17:20
こんにちは。昨日に続き、とても綺麗ですね。ここまで、ドアップが綺麗
なのには、とても感心しました。特に最後は、青空をバックにしたところ
がすごくいい感じだな~と思います。
Commented by dosanko0514 at 2010-07-20 21:52
はまかぜさん、こんばんは~!

この蓮の写真、マクロレンズと望遠レンズを使い分けています。
どちらがマクロか、わかりますか?

花を下から覗くと面白い絵になります。 試してみてね!
Commented by sazamameinko at 2010-07-21 19:42
こんばんは。
最初の蕾に影が映っていて…また違う蕾に見えます。
最後の大輪…花も青空もくっきり撮れています…
お見事です!
僕は他の動物や虫が気になって青空撮らず仕舞いでした。
Commented by dosanko0514 at 2010-07-21 21:19
sazamameさん、こんばんは~!

ありがとうございます!
1枚目、昨年も似た写真を撮ったのですが、今年はカメラも代わり、画素も多くなり、現像してもノイズが目立たなくなりました。

巨椋の蓮はその名のとおり、大きな花が特徴です。
蓮の周りに昆虫もいましたが、その写真はまたアップします。


<< ショウジョウトンボ      東大緑地植物実験所観蓮会-その3 >>