2010年 08月 05日
ナンだ?
日曜日。
強い日差しを頭上に浴びつつ、チャリで京葉線沿いの道路を走っていたら、
アメリカフヨウが咲きそろっていた。
b0070020_22451564.jpg

マクロで寄って撮影していたら・・・・。

花の中で、何かが動いている。
b0070020_22451485.jpg
蜂かアブか蝿?
それにしても、こんなに花粉まみれなのは見たことがなかった。
これじゃ、飛べないだろうに・・・・。

そのうち、何とか飛び立ったが、羽が自由に使えないようで、近くの葉に止まった。
今度は、全身を撮影。
b0070020_22451384.jpg

まだ分からない・・・。



家に帰って、あれこれ調べてみた結果。

ニホンチュウレンジ」という蜂の仲間と判明。

面白いなあ。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-08-05 22:51 | 撮影記 | Comments(4)
Commented by scott_yonezawa at 2010-08-07 10:35
この花、アメリカフヨウというのですか。
近所で見かけましたが、手のひらを広げたよりも大きい花で
とても目立ちます。
それにしても、花粉まみれで、蜜を吸うのに夢中だったんでしょうね。
これが受粉につながるんだから、自然て良く出来てます。
Commented by dosanko0514 at 2010-08-07 10:56
scottさん、こんにちは!

アメリカフヨウはハイビスカスと同じ種類です。
最近、よく見かけますね。

この昆虫、蜜に誘われて花にきているのでしょうが、ちょっと花粉つけすぎですね。
植物と昆虫の関係、うまくできていますね。
Commented by sazamameinko at 2010-08-07 18:36
フヨウ…綺麗に撮れていますね~
蓮と同じ…日本人の大好きなピンクの色ですね~
ニホンチュウレンジ…お寺みたいな名前です^^
でも、どこかで見かけた、そんな虫だと思いました。
Commented by dosanko0514 at 2010-08-07 23:28
sazamameさん、こんばんは~!

なぜか、ピンクものが多いですね(笑)
ニホンチュウレンジ、漢字で書くと「日本鐫花娘子」だそうです。
しかし、意味がまったくわかりません(汗)

なんでも、幼虫がバラの葉を食べるため、害虫退治の対象になっているそうです。


<< 新宿御苑(兼オフ会)      夏はヒマワリ >>