2010年 10月 06日
2年ぶりのノーベル賞
若者の理科離れが囁かれ続けて久しいが、この快挙がそれに歯止めをかけてくれればさらに嬉しいが。

asahi.comの記事から
 スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、10年のノーベル化学賞を、鈴木章・北海道大名誉教授(80)、根岸英一・米パデュー大特別教授(75)、リチャード・ヘック・デラウェア大名誉教授(79)に贈ると発表した。 (中略) 日本のノーベル賞受賞は17、18人目となる。化学賞は6人目、7人目。

北海道大学から初めての受賞者が出たことも嬉しい。(甥っ子も喜んでいるだろう)

鈴木先生の受賞後のコメントに感銘を覚えた。
「日本は資源のない国だから、理科系の発展なくして日本の未来はない。 若者たちの多くが理系分野に興味を持ってもらうように今後も仕事をしていきたい。」
息子も有機化学専攻で勉強しているけれど、今の状況だと、日本の将来を託せるかなあ?
[PR]

by dosanko0514 | 2010-10-06 21:36 | Comments(4)
Commented by sinsama2 at 2010-10-07 20:27
今の学生は、本当に、理工系を志望する人が少ないみたいですなぁ~
同じ大学でも、学部によってかなり偏差値の格差があるみたいですなぁ。
特に、工学部がずいぶんと低くなつております。
悪い傾向ですなぁ~

でも、そう言っているオイラは、文系ですが・・・・
(^。^)y-.。o○
Commented by sazamameinko at 2010-10-07 21:10
こんばんは。
またまた快挙ですね~ノーベル賞北大名誉教授受賞おめでとうございます!
賞金も凄いですが、その名誉の大きさは計り知れないものがあります。

ノーベル賞受賞者と言えば、スーパーコンピュータ導入に際し、意見を言って
蓮舫 (レンホウ )さんをギャフンと言わせた逸話を思い出します(^▽^)
Commented by dosanko0514 at 2010-10-07 21:26
慎之介さん、こんばんは~

>理工系を志望する人が少ないみたいですなぁ~
そうですな~。
そもそも、算数や理科が苦手になっている中高生が多いことが心配です。
資源の無い国なんだから、他国に無いモノを生み出す人材を育てていかなければこの国の未来はないですなあ。
Commented by dosanko0514 at 2010-10-07 21:30
sazamameさん、こんばんは~。

初の道産子ノーベル賞受賞者に感激です。

しばらくは鈴木先生は忙しい毎日が続くでしょうが、お体に気をつけてほしいと思います。

「2番ではいけないのですか?」・・・あの発言ですね。
グローバル・ビジネスの世界では、2番では負けなんです。
科学技術分野ではトップであり続けないといけないと思っています。


<< こっちのノーベル賞は波乱含み      葛西臨海公園にて >>