2010年 10月 08日
こっちのノーベル賞は波乱含み
事前の予想どおり、ノーベル平和賞は、獄中の中国人人権家が受賞した。

asahi.comの記事より
ノルウェーのノーベル賞委員会は8日、2010年のノーベル平和賞を、中国共産党による一党独裁の見直しや言論・宗教の自由などを求めた「08憲章」を起草した中国人人権活動家で作家の劉暁波(リウ・シアオ・ポー)氏(54)に授与すると発表した。中国の人権改善や民主化に取り組む姿勢が評価された。
 中国在住の中国人がノーベル賞を受けるのは、自然科学系も含めて劉氏が初。その授賞決定は、経済大国として国際社会での存在感を増す中国に対し、民主化と人権改善を強く促したものだ。ノルウェーでの報道によると、中国政府は、劉氏ら反体制派への授与が「中国とノルウェーの関係に影響を及ぼす」と委員会側に事前に圧力をかけていたとされる。今後、中国の猛烈な反発を招くのは必至だ。

尖閣問題でも、大人気ない威嚇やら報復を繰り返す中国政府。
このビッグニュースでも、噴飯モノの対応のようだな。(asahi.comの記事より)
 中国各地で8日、ノーベル平和賞の受賞者を発表する様子をノルウェーから生中継していた米CNNテレビの画面が、午後5時(日本時間同6時)4分から12分まで真っ黒になった。NHKのニュース番組の放送も同時刻、アナウンサーが「ただいま、ノーベル平和賞のニュースが入ってきました」「中国の人権活動家の劉暁波さんに決まりました」と言った直後に停止し、関連のニュースが終わると復旧した。いずれも中国当局が劉氏への授賞を国民に知らせないために操作したとみられる。

良識ある中国市民だったら、これが何を意味しているのか良くわかっているはずだ。

憲法では「言論の自由」を謳っておきながら、一党独裁を批判しただけで獄中に追いやる中国政府に、経済大国に似つかわしくない、世界屈指の人権蹂躙国家のレッテルを差し上げたい。
当然、最高賞は北朝鮮だが。

ともあれ、
刘晓波先生,诺贝尔平和奖获奖恭喜恭喜。



この平和賞受賞によって、これからの中国の対応は世界中から注視され続けられるだろう。

本当なら、もっと中国への圧力をかけられるはずなのだが、今や、中国は世界経済にとって欠かすことのできない存在だ。
ボクらの身の回りの製品を見ると「中国製造」の文字をいたるところに見る。
そして、円高の影響で、日本の製造業はこぞって中国に生産施設を移している。
だが、経済と政治は不可分ではないのではないか?

また、尖閣に中国漁船が大挙してやってくるかもしれない。
中国政府は、日本が中国への経済的制裁ができないことを見抜いて、次の行動を起こすことも十分考えられる。

武力衝突は絶対避けなければならないが、我々日本人は、多少の経済的損失を覚悟してでも、中国に経済的なダメージを与える手段を考える時ではないかな?
きっと欧米も後押ししてくれるはず。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-10-08 23:46 | ちょっと気になる | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2010-10-09 08:21
圧力や国交に左右されないノーベル賞委員会にエールを送りたいです。
もともと北朝鮮と肩を組むような国家ですから、押して知るべしです。
ノーベル平和賞は,この劉暁波氏のような方にこそ贈られるべき賞だと思います
久しぶりに、胸がスカッとするようなニュースでしたね^▽^/
Commented by dosanko0514 at 2010-10-09 22:13
sazamameさん、こんばんは!

本当にスカッとしましたね。

中国政府はかなり反発しているようですが、メディアによって、世界中の人たちに劉暁波氏の勇気ある行動を称えるとともに、彼ら、民主化運動家を支援する動きは大きくなるでしょう。

非暴力で民主化を訴えただけで投獄される国。それが身近なところにあるということが知れ渡っただけでも大きいです。

ノーベル賞の賞金は約1億円ですが、それ以上の力があると思いました。


<< CEATEC Japan 2010      2年ぶりのノーベル賞 >>