2010年 10月 13日
絶望から奇跡の全員生還
世界中のメディアがこぞって注目していた救出劇。
落盤から2ヶ月あまりの日々を地下で耐えていた作業員33人が一人一人救出されていく。

南米の細長い国、チリ。 
主要産業である地下資源採掘の現場で起きた大事故。
決して豊かではない国だけど、救出を待つ作業員たち、それを懸命に助けようとする同僚たち、祈るように見守る家族。
それぞれが、取り乱すことなく、何か一体感を持ってその時を待っていた姿が心に響いた。

正午過ぎ、NHKのニュースで最初の一人が救出される映像を見たが、周りの狂喜乱舞ぶりとは一味違う、落ち着き払った姿にも驚いた。
精神力とは違う人間の強さを垣間見た気分だった。

明日には全員救い出されるのだろう。
関係者には、この感動を与えてもらったことを感謝しなければいけない。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-10-13 21:59 | ちょっと気になる | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2010-10-14 20:04
こんばんは。
まさに世界中が固唾を呑んで見守ったこの救出劇…
ノーベル賞なんか吹っ飛んでしまうほど
世界中が注目しましたね。
どこのチャンネルでもやっていると…観たくなくなる
あまのじゃくの僕も…今度ばかりは、しっかりと
観させて貰いました…感動をありがとう、と言いたいです。
Commented by dosanko0514 at 2010-10-14 22:40
sazamameさん、こんばんは~。

予想より早く救出作業が終りましたね。
これも一つの奇跡と言えるでしょうか?

びっくりしたのは、この救出劇が映画化されるって話がもう出ていましたね。

これからの救出された33人の方たちの人生が知りたくなりました。
絶望の淵から生還した人の生き方に興味が湧きます。


<< ハチ3態      コスモス >>