2011年 02月 24日
春の花
水場での撮影の後、sazamameさんに案内された場所で咲いていたのは・・・。

b0070020_21291015.jpg

節分草(セツブンソウ)という花だった。
名前も含め、初めて見た。
調べてみたら、白い花びらに見えるのは、実は萼(ガク)だという。
花が退化しているとは・・・・。 不思議だなあ。

ここは白梅、紅梅、そして黄色がかった白梅の木があって、sazamameさんはメジロ撮影のポイントにしているという。
ちょうど、ネコヤナギもいい感じで春を待っていた。
b0070020_21291141.jpg

産毛がかわいい。
b0070020_2129136.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2011-02-24 21:36 | 撮影記 | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2011-02-25 20:23
おお、なかなかのセツブンソウ~良いですね~
節分の頃に咲くのでこの名が付いたとか~
裸眼で観たら、なんだこのちっぽっけな白い花は?
という感じなのですが…マクロレンズで覗くと…
うわ~カラフル~って思いますよね~
どさんこさんを歓迎するように咲いて居ましたね^^
Commented by dosanko0514 at 2011-02-26 10:27
sazamameさん、おはようございます

教えていただいたセツブンソウ、かわいらしい花でした。
いつまでも残して欲しいですね。

また、咲き出す頃におじゃましたいです。


<< 映画鑑賞記「毎日かあさん」      ソウシチョウ >>