2011年 06月 22日
遠征記-その2(キジ)
アオバズクの次はキジ。

かなり関東に住んでいたのだが、野生のキジを近くで見るのは初めてだった。
チョウゲンボウ目当てにやってきたフィールドに、ふと現れたオスのキジ。(自動車のガラス越しなので、ちょっと白くなった)
b0070020_22222642.jpg

これだけでは済まなかったのが、次の画像。
b0070020_22222731.jpg
なんと、メスが近くにいたのだ。
鮮やかな色のオスに比べて、なんと地味な色をしているメスのキジ。
でも、こっちも可愛い。
[PR]

by dosanko0514 | 2011-06-22 22:28 | 野鳥観察 | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2011-06-23 16:57
こんにちは、下のメスはライチョウかと思いました^^
ちょっと茶ばんだライチョウでしょうか~
オスは1年中観られるのですが…メスはたまにしか
会えませんね~
人間もオスメス全然違う方が上手く行くかも知れません^^
Commented by dosanko0514 at 2011-06-23 22:01
sazamameさん、こんばんは!

キジのメスがこんな色だとは知らなかったので、あれはライチョウだと言われていたら、信じていたかも知れません(笑)

仲の良さそうなつがいでしたね。


<< 遠征記-その3(カワセミの巣立ち)      遠征記-その1(アオバズク) >>