2012年 02月 12日
谷津干潟にて(2)
この日はちょっと欲張って撮ったので、いろいろと。

まずは、ここの主役、セイタカシギ。
b0070020_18111031.jpg
遠くにいたのを眺めていたら、ふいに近くに飛来。
b0070020_18111126.jpg
幼鳥が目の前に・・・。ノートリで撮れた!
親鳥も人に驚かない。
b0070020_18111366.jpg

干潟には、ざっと数えても10羽以上のセイタカシギがいた。

そのほかにも・・・
カイツブリ
b0070020_1811936.jpg

コガモ
b0070020_18111162.jpg

ただ、ちょっと気になったのは観察センター近くに全く鳥がいなかったこと。
当然、カメラマンもゼロ、(ナゾだ?)
[PR]

by dosanko0514 | 2012-02-12 18:28 | 野鳥観察 | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2012-02-12 19:53
おおっ、どさんこさんのお好きなセイタカがいましたか~
お目目が真っ赤ですね~「スマイル40」を点して上げて下さい^^
最近ミステリーみたいに、毎年飛来していた鳥が来ない現象が起きています
温暖化の影響でしょうか…また、遅れて飛来したり、数が減少した鳥種もいます。
Commented by dosanko0514 at 2012-02-12 21:55
sazamameさん、谷津干潟はセイタカの楽園です。

ボクのお目目も真っ赤ですw

今年の冬はヘンですね? 飛来するはずの冬鳥が少なかったりして・・・。
温暖化の影響で繁殖地に異変が起きたのか、今年の厳冬の影響でしょうか?


<< 映画鑑賞記「はやぶさ 遥かなる帰還」      谷津干潟にて(1) >>