2012年 02月 26日
東京マラソン2012
今年は、ランナーにとって絶好の天候だったようだ。
いつもの豊洲で選手を待ち構えていたが、白熱したレース振りがファインダーからも見受けられた。
b0070020_2202152.jpg
優勝したマイケル・キピエゴ選手。
b0070020_2202199.jpg
エチオピアの皇帝、ハイレ・ゲブレシラシエ選手は結局4位に。
b0070020_2201835.jpg
一躍オリンピックのキップをほぼ手中に収めた藤原新選手。 無職だったというから、この2位は大きかっただろう。
b0070020_2202164.jpg
期待されながら、14位に沈んだ、川内優輝選手。
ボクの近くの沿道で、マスコット「コバトン」も含め埼玉県庁職員が応援していたが、意気消沈して帰っていった。
[PR]

by dosanko0514 | 2012-02-26 22:57 | スポーツ観戦 | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2012-02-28 19:54
こんばんは。
今年は1枚ずつ丁寧な写真撮りでしたね~
とても良い感じです~^^
コバトンって、「シラコバト」から来ているんですよ~
そんなことは余分でした~県庁職員の仕事をこなしながら
1人黙々と練習に励んでいた川内選手…可哀相です~
まだ最後のチャンスが残っているようですから頑張って欲しい~
川内選手はこのレースに出ないという選択肢もあっただけに余計に可哀相でした~
Commented by dosanko0514 at 2012-02-29 08:13
sazamameさん、おはようございます。

沿道は応援の人たちですごい混んでいたので、選手の周りに人が映りこんでいました。
川内選手、実業団ではないので、十分な練習環境がないハンデを跳ね返してきましたが、今回は残念な結果でしたね。
でも、まだまだマラソン選手にしては若いですから、これからを期待しましょう。


<< 花の美術館にて      映画鑑賞記「はやぶさ 遥かなる帰還」 >>