2013年 04月 21日
雨上がりの花たち
せっかくの週末、藤の花を楽しみにしていましたが2月並の寒さと冷たい雨。
ようやく雨が上がった日曜日の午後、雨に濡れた花を撮りに出かけました。
b0070020_200731.jpg
アヤメの花がもう咲き出しました。
早いですね。
b0070020_2002781.jpg
チューリップについた雫が美しかったです。
b0070020_2003912.jpg
花を撮影したかったのは、昨日、図書館から借りた「デジタルフォト・達人への道」(スコット・ケルビー著)を読んで興味を覚えたからです。
b0070020_2012560.jpg
この本は、アメリカのフォトショップ・プロフェッショナル協会の会長であるケルビーさんが、撮影や編集のテクニックをユーモアたっぷりに書いているもので、ちょうどボクの持っているカメラが基本としているものです。
b0070020_2022412.jpg
露出はオーバー目と書かれていました。
b0070020_2023486.jpg
花の撮影は、決して上から撮ってはいけないとか・・・。
b0070020_2024151.jpg
プロの写真の肝は、いかにシャープに撮る。 
まだまだ満足のいく撮影はできていませんが、いろんなヒントをもらいました。
[PR]

by dosanko0514 | 2013-04-21 20:13 | 撮影記 | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2013-04-21 21:49
マクロの世界に引き込まれて、うっとりしてしまいました~
ここまで雫に拘って花を撮るとは…流石ですどさんこさん。
花と雫…どの雫にピントを合わせるか…その雫には何が映り込んでいるか…
それによって、その写真の中でカメラマンが見せたいものが分ります~
今回の花と雫は大変素晴らしかったです~ボクも大いに触発されました^▽^/
Commented by dosanko0514 at 2013-04-21 23:04
sazamameさん、こんばんは~!

雨が降っている間はカメラを持ち出せないですが、雨が止むと「雫」の絶好のチャンスが待っていますね。

本当はもっと雫に周りの景色を映したかったのですが、難しかったです。
それが次回への宿題になりました。


<< 藤とクマバチ      八重の桜 >>