2016年 07月 19日
2016花園ハス祭り その2
続きです。
b0070020_21405880.jpg
解放紅という名前で、赤みがかった花弁が特徴です。
b0070020_21423789.jpg
原始蓮といいます。 昔のハスのようです。
b0070020_21443640.jpg
酔妃蓮という名前の蓮です。 白地に先がピンクの花が美しいです。
b0070020_21461294.jpg
カスピカムという名です。 カスピ海沿岸が原産だそうです。


[PR]

by dosanko0514 | 2016-07-19 21:46 | 撮影記 | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2016-07-21 21:30
こんばんは。
コメントおそくなりました~古代蓮は花の女王かと思うほど
美しい花ですね~思わず知らず、うっとりしてしまいます。
こちらの蓮たちは、種類が豊富ですね~
花にシミのようなものが見つかりません~花選びも
写真の技術の一つですね(^^)/
Commented by dosanko0514 at 2016-07-23 09:01
sazamameさん、コメントありがとうございます!

古代蓮は、大賀ハスと同じように大昔に咲いていたのでしょうかね。
古代人たちもこのように花を愛でていたのか想像してしまいます。

コメントを読んで私も、花の質の高さに改めて感動しました。
撮影技術以上に、丹精込めて育てている地元の町内会の人たちの努力の賜物だと思います。


<< 2016花園ハス祭り その3      2016花園ハス祭り その1 >>