「ほっ」と。キャンペーン
2016年 12月 11日
トウネンとミユビシギ
土曜日の朝、冬らしい澄み渡った青空が広がりました。
富士山が良く見えたので、海岸まで行って撮影しようとしたら、シギ類がたくさんいました。
b0070020_15065008.jpg
トウネン(やや茶色の羽)とミユビシギです。
しきりにくちばしを水たまりに入れて食事をしています。
b0070020_15132947.jpg
昔は、この鳥をトウネンと思い込んでいましたが、ミユビシギが正しいです。
名前の通り、指が3本なのが見分ける特徴です。
じっとしてカメラを構えていると、数メートル先を駆けていきました。
b0070020_15173804.jpg
こちらがトウネンです。 足の指が4本あります。
こっちも目の前を駆け抜けていました。
あまりの速さに、カメラが追いつかず、この後の写真はしっぽのみでした。
b0070020_15192779.jpg
北風が強くて、じっとしていると凍えてしまいそうで、20分ほどで撤収しましたが、
久しぶりにシギたちに会えてうれしかったです。

[PR]

by dosanko0514 | 2016-12-11 15:21 | 野鳥観察 | Comments(2)
Commented by sazamameinko at 2016-12-11 18:42
こんばんは、どさんこさん。
どさんこさんの撮る水鳥は、いつも大きく撮れて居て
羨ましいです~今の時期は冬鳥が飛来していますので
これからが楽しみですね。
今の河口は不安定でまた渇水の畏れがあります。
時々は転戦を余儀なくされる事でしょう。
Commented by dosanko0514 at 2016-12-11 20:16
> sazamameさん、こんばんは~
コメントありがとうございます。

シギ類は、それほど人を恐れないので、早めに撮影ポイントに陣取って
じっとしていると近づいてくれました。
しばらくカモ類やシギ類が見られるのでうれしいです。


<< 新年のごあいさつ      青の洞窟 SHIBUYA >>