2005年 09月 17日
映画鑑賞記「チャーリーとチョコレート工場」
鑑賞日:05.09.16 鑑賞場所:AMCイクスピアリ16
b0070020_22473697.jpg
奇才ティム・バートンが描き出す、ちょっとキモいファンタジーの世界。子供ならずともワクワクする夢のチョコレート工場へ我々を誘(いざな)ってくれる。
チョコレートのように甘い世界が続くかと思えば、家族愛や親子愛に涙っぽくしょっぱかったり、困った子にはしっかり仕置きして辛口だったり、そういえばいろんな味を出すガムもあった。
そして最大のヒーローは?デップじゃなかった。




<ストーリー>
チャーリー・パケット(フレディ・ハイモア)は貧しい家に住む少年。家は30度傾き、失業中の父と、母、それにそれぞれの祖父母(合計年齢381歳)との7人暮らし。
しかし、チャーリーはそんな生活でも幸せだった。年に1回、誕生日にだけもらえる1枚のチョコレートを楽しみにしていた。
そんなチャーリーの住む町にはWONKAという大きなチョコレート工場があった。
ただ、15年間その工場の門は閉じていて、中に入ったり出たりした人はいない。チャーリーは祖父から聞かされた工場の話を聞いていつか中を見たいと思っていた。
そんなある日、町の電信柱に1枚の通知書が貼り付けられていた。
それは、「世界中の子供の中から5人を工場の中に招待して、魔法に満ちた工場の秘密を公開する」ものだ。WONKAチョコレートの包み紙の中に金色の招待チケットが出てきたら、それが招待状だ。これは工場主のウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が出したものだった。
世界中で、WONKAチョコレートを買いあさる子供たち、親たち、次々と当選者が決まり最後の1枚に注目が集まる。
チャーリーは、たった1枚のチョコレートに期待をかけるが、やはり運はめぐってこなかった。失望する家族。しかし、偶然、道路で拾ったお金が幸運を運んできた。
なんとそのお金でチャーリーが買ったチョコレートにゴールデン・チケットが入っていたのであった。
このニュースは、家族を大いに喜ばせる、寝たきりのジョーじいさんは踊りだすほど。
翌日、そのジョーじいさんとチャーリーは、他の4組の当選した親子とともに、チョコレート工場の前に立つ。この中の1組に、幸運なプレゼントがされることを知らずに。
いよいよ、工場の門がゆっくりと開き、みんなが進むその先に、おかっぱ頭にシルクハットで青白いウォンカ氏が出迎える。 そうして、工場の中に案内された5組の家族の運命は?

b0070020_224817100.jpg

<感想>
ティム・バートン監督は、昨年観た中で一番だと思った「ビッグ・フィッシュ」以来の作品。独特の感性が観る人に不思議な体験をさせてくれる。
今回はチョコレート工場。ロアルド・ダールの同名小説を映画化したものだが、ちょっとグロテスクさえ感じるがとってもいかしたセットを作るのもバートン監督の真骨頂。
ストーリー的には、それほど驚くものではないが、キャストがとても面白かった。
ジョニー・デップ、2年連続オスカー候補にノミネートするなど、最近の売れっ子ぶりは周知のとおり。今回も個性バシバシでちょっとあぶない魔法使いを演じている。
ひげをそってお化粧したデップ、ちょっと勘弁?(笑)
b0070020_22491050.jpgそのデップとは「ネバーランド」で競演したフレディ・ハイモア、早くも名子役の名をほしいままにし、次のオファーも目白押しらしいが、堂々とした演技は周りの大人の俳優を脇に追いやる。
そのほかに、4人のちょっと憎たらしい子役たち、みんなこの映画がメジャーデビューらしいが、バートン監督の指導の下、一生懸命演技したことが、公式HPに載っている。チョコ好きのドイツ少年は、泳げなかったのを特訓して本物のチョコの川に飛び込んだそうな(驚)
脇役でも、すごい人が。指輪物語のサルマン、そしてSWのドューク卿を演じた御年83歳のクリストファー・リー。彼はウォンカの父で歯科医を演じている。デップとの抱擁シーンには、ジーンとした。
バートン監督作品「ビッグ・フィッシュ」からは3人が出ている。
チャーリーの母を演じたヘレナ・ボナム・カーター、
青いトレーニングスーツを着たスパルタ・ママを演じたミッシ・パイル、
そして、チョコレート工場で機敏に働くウンパ・ルンパを演じたディープ・ロイ。
このウーパ・ルーパじゃなかったウンパ・ルンパがすごい。(笑)
b0070020_2250167.jpg

小さな体(事実ディープ・ロイの身長は132cmだが)でチョコレート工場の全ての作業に従事している。
時には、ラップに合わせて踊ったり、シンクロで泳いだり、ツェッペリン?やビートルズのまねまでする、活躍ぶり。なんでも165人分の動きを撮ったそうな。
これにボクは完全にやられた。b0070020_22503653.jpg
目に焼きついてしまった。 ちょっと「せんだみつお」に似た風貌が忘れられない。
助演男優賞をあげてもよいくらいだ。
それから、映画の中にいくつかパロディーがあったのを覚えているだろうか?
ひとつが有名な「2001年宇宙の旅」、モノリスがチョコに変わってサルの前に登場するくだりはニヤリとした。
そして、同じところで、「転送する際に一部だけになるかも?」というセリフが出たが、あれは前述のミッシ・パイルがターミアンとして出ていた「ギャラクシー・クエスト」での有名なシーンのパロディだと思う。
それにしても、ちょっとグロテスクで小さい子供にあまりお勧めできない映画だと思う反面、実は大人が楽しむ映画なのかもしれない。笑えるシーンもたくさんあるし、観て損はないそ。

WONKAのサイトを発見!
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-17 22:52 | 映画は楽しい | Comments(24)
Commented by ミチ at 2005-09-18 10:31 x
はじめまして。
TBありがとうございました。
先日2回目を鑑賞してきたのですが、こういう映画って何度見ても楽しめますよね。
さらに細かいところまで観察できました。
ウンパ・ルンパが出てくるとお客さんの反応が良くて、ますます楽しくなりました。
Commented by dosanko0514 at 2005-09-18 10:59
ミチさん、はじめまして。
もう2回も観たんですか?(すごいなあ)
ウンパ・ルンパ、いいですね。 ジョニー・デップを完全に食っていると思いました。
金曜日のレイトショーだったんですが、8割埋まっていました。
こんなこと稀なんですが、それだけ人気だということですね。
Commented by pahi at 2005-09-18 17:15
今日 日曜の14:20というゴールデンタイムに 見てまいりました。やはり すごい人です。
先に原作を読んでいたので ストーリーはわかってましたが。。。ラストだけ 違いましたね。
これは 絶対に子供向けじゃないですね。大人でもビター味で。。。
工場中には あま~~~い香りがただよってるのでしょうけど。

ちらりと 東京のチョコ売り場が出ましたが、なんか六本木ヒルズっぽいイメージでしたね。
ジョニー・デップの きれいなお肌が 印象的でした。40過ぎのおっさんなのに 化粧がにあうところとか(笑)
Commented by dosanko0514 at 2005-09-19 00:02
ひろみんさん、こんばんは。
人気ありますね。 こんなに受けるとは思ってはいませんでした。
>絶対に子供向けじゃないですね。
ボクもそう思いました。
ティム・バートンって、芸術家って感じがします。
あの色彩感覚はすごいと思います。
ジョニーデップもお化粧した姿は、妖しくて、近寄りがたいですが、ちょっとコミカルなところが可愛いですね。
Commented by zattchi at 2005-09-19 01:41 x
TBありがとうございます
まだ未見です・・・見たいんですけどねぇ・・・
Commented by dosanko0514 at 2005-09-19 08:40
zattchi さん、おはようございます。
>まだ未見です・・
今年観た中でも屈指の作品ですよ。
Commented by pahi at 2005-09-19 09:52
変わり者なのかな~?実は あまり面白くなかったのです。先に原作読んだからかな~?ストーリーわかってると 落ちがわかるだけに。。。
なんか ドサンコさんとは 見てる映画 ほとんど同じだけど 感想は全然違うのが 面白いです。やっぱり私が変なのかな~?
ジョニー・デップは パイレーツオブカリビアンしかみていないけど 天才俳優だと思いましたが。
Commented by ななな at 2005-09-19 13:09 x
TBありがとうございました。
すみませんが間違えた記事をTBしてしまったので削除お願いします。

ウンパ・ルンパに助演男優賞!納得です(笑
だってすごいですよね。一人の役者さんが演じててしかも一人一人顔が違うらしいですから・・・
Commented by dosanko0514 at 2005-09-19 19:43
ひろみんさん、こんばんは。
>実は あまり面白くなかったのです。
人それぞれですから、シュールな絵が好きな人と全然受け付けない人がいるのと同じですよ。
気にしない方が健全です。
ボクは、シュールなモノが合っているのかも知れません。
これを観ていてわかりました(笑)
Commented by dosanko0514 at 2005-09-19 19:46
なななさん、ようこそいらっしゃいました。
つたない感想文で申し訳ないのですが、ときどきご覧になりにきてください。
>ウンパ・ルンパに助演男優賞!納得です(笑
そうでしょ!!
あの踊りを何回繰り返したか・・・、考えるだけで気が遠くなります。
それだけでも、何か賞をあげたいと思いました。
Commented by harry_hk at 2005-09-19 20:52
観て来たので、やっと記事を読めましたよ(笑)
感想は、まったくその通りです。
自分も感想文を書こうと思ったのですが、どさんこさんの文章を見たら無駄なあがきのような気がして、やめておきますよ~(笑)

面白かったのですけど、なんだか奥歯にモノがひっかかったような、そんな感想ですね。
リメイクですけど、とってもすばらしい出来なのは確かだと思いました。
やっぱり、ウンパ・ルンパですね。

それにしても、ウーパールーパーって懐かしい!!(笑)
エリマキトカゲとか。
Commented by dosanko0514 at 2005-09-19 21:05
ハリーさん、こんばんは。
お、東京で観たんですね!
教育に関わっている感想も読みたいです。
ハリーさんの目からはどのように写ったか?
>それにしても、ウーパールーパーって懐かしい!!(笑)
あ、はずかしい(笑)
最初の記事をアップしたときは、まだウーパールーパだったんですよ。
歳は隠せないものです(爆)
Commented by 小夏 at 2005-09-19 21:34 x
どさんこさん、こんばんは♪
早速のトラバありがとうございます。
こちらからも送らせて頂きましたのでよろしくです☆

バートンワールドらしいシュールでブラックなエッセンスが満載でしたよね。でも、最後の最後にはホロリとさせる場面もあって感動でした
ところで、パロディ&オマージュは全部で幾つくらいあったんでしょうね。
私は音楽には詳しくないので、ビートルズくらいしか見つけられませんでしたけど、もう一度観てチェックしてみたいッス。
Commented by dosanko0514 at 2005-09-19 22:23
小夏さん、こんばんは。
これぞ、映画、映像芸術。 とっても楽しみましたね。
>パロディ&オマージュは全部で幾つくらいあったんでしょうね。
そうですねぇ? どれがどれだか、断定はできないのですが、いろいろありそうですね。
いずれ、ネタ本が出てきそうな気もしますが・・・。
ディープ・ロイ、次は何に出るんでしょうね?
Commented by 14melanie at 2005-09-20 03:15
私は原作もテレビで見ました。今回の作品は原作とはまた違った味があってよかったなぁって印象。ただあのちび集団が踊るシーンはちょっとしつこかったような。まぁ、ティムバートン監督っぽい映像で全体的には楽しめたかなぁって感じでした。
やっぱり英語で見るのと日本語で見るのと違うよなぁ・・・。
Commented by dosanko0514 at 2005-09-20 07:20
melanieさん、おはようございます。
原作をTVで放映したのですか?
ちょっと興味がありますね。
字幕で翻訳されたものと英語とでは、微妙にニュアンスが違うこともありそうですね。
ただ、英語レベルがまだまだなボクにとって、字幕だけが頼りなんです(笑)
Commented by chishi at 2005-09-24 02:30 x
観て損は無い映画、まさしくその通りと思います(笑)
つい先日、友達を誘って2回目を観賞してきましたよ~やっぱりウンパ・ルンパ最高!
Commented by dosanko0514 at 2005-09-24 09:30
chishiさん、こんにちは。
2回目ですか? マジックに乗せられましたね(笑)
ウンバ・ルンバの動きが笑えるのは、やはりあの顔と絶妙な動きとのアンバランスだと思うのです。
「ここまでやるかあ?」という観客心理をうまく捕らえているバートン監督のワザですね。
Commented by borderline-kanu at 2005-10-06 00:24
こんばんは。やっと観ました。
ウンパ・ルンパ、一家に一人欲しいなぁ。
カカオが好きだそうだけど、顔もカカオ顔?ですよね。 カヌ
Commented by dosanko0514 at 2005-10-06 08:39
カヌさん、おはようございます。
>ウンパ・ルンパ、一家に一人欲しいなぁ。
あはは、そうですね。 いたら楽しいだろうなあ。
ウンバ・ルンバ役のディープ・ロイですが、ケニアの出身だそうです。
誕生日が公表されていないので(分からないらしい)、年齢も定かではないのですが、結構な映画人キャリアなんですね。
Commented by keko_m at 2005-10-10 18:44
初めまして..♪
mori2さんちから、飛んできました。
私も、ウンパルンバがツボでした。*・゜☆
「ギャラクシー・クエスト」も観て、とってもツボでした。
嬉しかったので、つい書き込み..♪

私も感想書いているので、TBさせてくださいね。
いろんな記事、これからゆっくりと読ませていただきます。
Commented by dosanko0514 at 2005-10-10 21:18
ケイコさん、はじめまして(返事の順序が逆ですみません)
「ギャラクシー・クエスト」も観たんですか? うれしいなあ。
あれ、ボクのSF映画で一番好きなんです(笑)

これからも、映画話をしましょう。
Commented by mori2fm at 2005-10-11 01:36
TB返しでございます。実は結構前に観てたんですが、
何か上手くまとめられなくて、こんなに遅くなってしまいました
(決して、今も上手くまとめられてないんですが…泣)。
もお、これは“大人のファンタジー”ですよね。こんなん子供に
見せたらアカン!いっそのこと“R指定”にしちゃいましょう!
あ、今夜もウンパ・ルンパが…(笑)。
Commented by dosanko0514 at 2005-10-11 07:30
もりもりさん、おはようございます。
>これは“大人のファンタジー”ですよね。
まさしく、これは映画大好きな大人のための映画ですね。
ティム・バートン監督の映像マジックは毒もいっぱいありますが、ところどころにすばらしい映像美が抜群の味付けでちりばめています。


<< 地球温暖化とチームマイナス6%...      水出し紅茶 >>