2005年 10月 31日
映画鑑賞記「マルティナは海」
風邪のせいで、外出を控えていた週末、無料パソコンTV「GyaO」で話題の映画「マルティナは海」を観た。

GyaOって視聴者が300万人を越えたそうだ。
つまり、地方の民放並みのキャパを持っている。
映画もさすが、GAGAを持つYUSENだけに続々面白いのが出てきている。




<ストーリー>b0070020_2318866.jpg
地中海沿いのスペインの港町に住む美しい娘マルティナは、ふらっと現れた文学教師の男と深い愛に落ち、やがて結ばれ子が産まれる。しかし、そんな愛も男の失踪によって幕を閉じる。 傷心のマルティナは彼女を愛してくれる富豪と結婚する。 裕福で幸せな生活が続くかに思われたが、死んだと思った男が現れることで、状況は一変する・・・・。そして、衝撃的で耽美な結末へ・・・。(2001年 スペイン映画)

<感想>
美しいヒロインは「トーク・トゥ・ハー」で熱演したレオノール・ワトリング。
愛に生きる女性を情熱的でかつ大胆な演技を見せてくれる。
相手役のジョルディ・モリャも頼りないけれど実にセクシーな男を演じている。
二人のラブシーンは、とても美しいし、愛の強さを感じさせる。

ラストシーンの二人の一糸まとわぬ姿が実に印象的(まさかここまで見せるとは!!)

きっと、女性が見ても美しいと感じるはず。
一応、R-15です。(でも、誰でも見れるのは問題だなあ?)

ポスターもドキ!
[PR]

by dosanko0514 | 2005-10-31 23:18 | 映画は楽しい | Comments(2)
Commented by 小夏 at 2005-11-02 08:37 x
スペイン映画って結構大胆なものが多いですよね。
脱ぎっぷりが豪快ですけど、ラテンの開放的なムードのせいか違和感なく観れちゃったりします。
今、スペイン映画で観たいのは、『バッド・エデュケーション』かな。
数ヶ月前頃、センセーショナルな内容が話題になった映画ですけど、今月DVDが発売になるみたいなので、どさんこさんもよろしかったらどうぞ♪
でも、観てドン引きされぬようご注意を(^^;
Commented by dosanko0514 at 2005-11-02 21:29
小夏さん、こんばんは。
>脱ぎっぷりが豪快ですけど
はい、その実感、確かです(笑)
でも、いやらしくないのはスペインの明るさのなせる業ですかね?
>『バッド・エデュケーション』
春に日本でも一部の映画館で上映されたそうですね。
衝撃的な内容って評判だったそうですね。ボクも観ていません。
この映画でもレオノール・ワトリングがクレジットなしで登場しているとありました。 観てみたい! でもドン引きされるかなあ(笑)


<< 亜久里チームF1参戦?      ハロウィン・パレード >>