2006年 01月 03日
箱根駅伝「波乱の結末」
正月は、これを見ないと始まらない。
今年の箱根駅伝。 本命視された大学がことごとく崩れていった。
これが駅伝なのだろう。
東海大学は往路の5区でエース伊達を起用しながら、体調不良をカバーできず、ここで万事休す。
往路優勝で、復路も楽勝と思われた順天堂大学。しかし、8区で落とし穴にはまる。主将難波がもう棄権するかと思うほどのフラフラ状態。よくタスキをつないだ。実況アナが泣いていたね。
ここで駒沢大学が5連覇間違いないと思われたが、9区、10区が伸びず。そんな中、伏兵亜細亜大学がするするっと抜け出し、大手町のゴールに最初に飛び込んできた。(以下、ゴール前での撮影)
b0070020_1824624.jpg

しかし、ゴール付近は寒かったねぇ。 寒いビル風が吹き抜けて、1時間も立ち続けていたから、凍えてしまったよ。
それにしても、すごい人出だった。よぼよぼのOBとおぼしき老人が多数いたのには歴史を感じたな。 
b0070020_1894664.jpg
今年もシード権が取れなかった早稲田大学、いろいろな意味でよろしく頼みますよ。(笑)



今年は、久しぶりにゴール地点に陣取ったのだが、レース以外の楽しみは、各大学の応援合戦だ。
男っぽい応援も硬派でいいのだが、ボクはチアリーダーの方がいいなあ(笑)
b0070020_1843220.jpg

各大学のチアガールが競っていたね。寒いのに笑顔を絶やさない。すばらしいなあ。
b0070020_18102731.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2006-01-03 18:13 | ちょっと気になる | Comments(4)
Commented by mikaku33 at 2006-01-03 19:20
どさんこさん、こんばんは~
私も昨日の分を昨日のうちにビデオで見て、今日は朝からテレビの前でくぎづけでした。
8区で、順天堂がフラフラしている間に、全くテレビに映っていなかった亜細亜が2位となり、あれよあれよとトップになっちゃいましたね。
たぶん、亜細亜に注目していなかった人は「いつの間に亜細亜がそこに?」と思ったはずです。
上位の大学に次々と起こった誤算が、亜細亜にうまく転んだのではないかと思います。
でも、虎視眈々とレースをすすめていた亜細亜の力が勝った最大の要因ですけどね~
今年は始まったばかりですが、来年がかなり楽しみですね。
応援お疲れ様でした~(^^
Commented by tara-a at 2006-01-03 20:13
うわ~。行かれたんですね~。
>寒いビル風が吹き抜けて、1時間も立ち続けていた
すごいななぁ~なんて感心してしまったけど、dosankoさんなら当然見逃せないレースでしたね。正月早々明日から出勤ですけど気合が入りましたぁ~(笑)
お体おだいじに!
Commented by dosanko0514 at 2006-01-03 21:38
mikakuさん、こんばんは。
亜細亜大学、戦前は誰も予想していなかったですよね。
しかし、後で分かったのですが、各人の平均持ちタイムは十分上位に食い込むだけの力があったようです。
監督さんの話からですと、「今年は実力が拮抗した選手が10人以上いて、落とすことが一番つらかった」そうです。
それにしても、ドラマがいろいろありましたね。
だから、駅伝って止められないんです(笑)
Commented by dosanko0514 at 2006-01-03 21:43
taraさん、こんばんは。
>dosankoさんなら当然見逃せないレースでしたね。
はい、テレビだけでは飽き足らず現場に行ってしまいます(笑)
やっぱり、アスリートを見ると感動します。
>お体おだいじに!
そうですね、明日から仕事ですから、これからゆっくり湯につかります。


<< 宇宙が身近に「JAXA i」      元旦の銀座 >>