2006年 07月 23日
映画鑑賞記「カーズ(Cars)」
鑑賞日:06.07.21  鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16
トイ・ストーリー、バグズ・ライフ、モンスターズ・インク、Mr.インクレディブル、ファインディング・ニモと次々とCGアニメの傑作を生み出してきたピクサーが今回放った作品は、自動車が主役。
一台のレース・カーが迷い込んだ砂漠の中の街は地図上から消えていた。
そこには、見たことのないクルマたちが幸せそうに暮らしていたが・・・。

b0070020_11292255.jpg




<ストーリー> (なぞると良く読めます)
若きレーサー「ライトニング・マックィーン」は、自動車レースの最高峰「ピストン・カップ」で史上最年少優勝をねらう実力を持っていた。ただ、自分勝手な性格で誰ひとり友達がいなかった。
ピストン・カップ戦での同着決勝のためロスに向かう途中、マックィーンはトレーラーから落ちてしまい、暗がりで置いてけぼりのトレーラーを探すうちに、見知らぬ街に入り込んでしまう。
b0070020_11294855.jpg

朝、目が覚めたマックィーンの目に入ったのは、オンボロのレッカー車「メーター」と、とても寂れた砂漠の街「ラジエター・スプリング」の風景だった。
行き交うクルマなどほとんどないこの街、住民もユニークだった。
医者で判事もやっている51年型ハドソンの「ドック・ハドソン」、
カリフォルニアから移り住んできた美人弁護士ポルシェ911の「サリー」、
他にも、タイヤ店を営む「ルイジ」と「グイド」、カーペイント屋の「ラモーン」、ガソリンスタンドの「フロー」、退役軍人の「サージ」、ヒッピーの「フィルモア」などサリー以外は60年代以前の古いクルマばかり。
スピード違反の罰として街の舗装工事を課されたマックィーン。最初はこの街から逃げることばかり考えていたが、この街の住民とのふれあいから次第に愛着を感じるようになった。
サリーとの仲も次第に近づき、仲良しのメーターからひやかされるほど。
マックィーンはサリーからこの街が昔はルート66の給油地として栄えていたのに近くにできた高速道路の影響で誰も寄り付かなくなって、いつのまにか地図からも消えてしまったことを聞かされる。
ある日、砂漠の中でドック・ハドソンとのレースをして、余りあるパワーで疾走するもダートのカーブを曲がりきれずサボテンの谷に転落してしまうマックィーン。余裕の笑いを浮かべるドック・ハドソンは只者ではないと思ったマックィーンは、その後、彼がピストンカップ3連覇を遂げた名レーサーであることを知る。 しかし、ハドソンはその事を話そうとしない。
数日が過ぎ、失踪したマックィーンを探していた全米のマスコミはこの街に押し寄せる。
レースのため、この街を離れなければならなくなったマックィーンは、ある決意を秘めていたのであった。 この街を再生しなくては・・・。

<感想>
作品のたびに、CGのクォリティはより高くなってクローム仕上げで鏡のようになった自動車部品に映りこむ像は実写のよう。
カーズの舞台は、モータリゼーションの中心アメリカ。それも全盛期だった50年代へのノスタルジーも込めているようだ。
便利さとスピードを追求するあまり、古き良きアメリカの文化が消えつつあることへの警鐘という背景もこのストーリーの伏線としてあるのではないか。
主役のマックィーンという名前からしても、それとドック・ハドソンの声をS・マックィーンと盟友だったポール・ニューマンが務めているのもうなずける。
b0070020_1130966.jpg

それにしても、ピクサー作品は映像に遊び心がいっぱいあって、楽しい。
例えば、蝿(ハエ)がクルマの形をしていたり、エンディングロール中に街のドライブイン・シアターで上映されている映画が過去のピクサー作品でそれも全部クルマ・バージョンだったり。
気になったのは、日本車がほとんで登場しなかったこと・・・やっぱり嫌われているのかな? アメリカでは?
ストーリー的には山場らしい山場は無かったのだが、最後にチャンピオンになれたはずのマックィーンが事故を起こしたライバルを助け上げて一緒にチェッカーを受けるシーンがハイライトなのかな? 勝つだけ=お金儲けだけが人生ではない・・・・と暗に言っているような。

ピクサーはディズニーに買収されて子会社になったけれど、今後も楽しい作品を出し続けて欲しい。

最後の方で、本物のミハエル・シューマッハが自分自身の役でフェラーリとして登場。ルイジとクイドが失神してしまう映像におもわず笑ってしまった。

IMDb(Cars)
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-23 11:30 | 映画は楽しい | Comments(4)
Commented by 慎之介 at 2006-07-23 19:03 x
この映画も面白そうですー
最近は、とんと映画を観に行ってないです。
なんとか、平日に休みを取って行きたいものです~
(^^9)
Commented by dosanko0514 at 2006-07-23 22:23
慎之介さん、こんばんは。
この映画、人間は一人たりとも出ていないのですが、クルマたちがとても人間味のある演技(?)をしていて感情移入できてしまいますよ。
アメリカらしい部分があって、ちょっと理解に苦しむ場面もありますが、それを置いても面白かったです。
Commented by 小夏 at 2006-07-25 00:26 x
あ~この映画、観たいんですよね。
先日、本当は『パイレーツ~』じゃなく、こちらを観る予定だったのに、ジョニデの誘惑に屈してしまいましたわ。(^^;
でも、ひょっとしたら観るかもしれないし、念のためネタバレクリックは控えておきますw
Commented by dosanko0514 at 2006-07-25 08:21
小夏さん、おはようございます。
ボクも「パイレーツ~」は押さえていますよ。
この夏、見たい映画が多くて多くて・・・(汗)
>念のためネタバレクリックは控えておきますw
一つだけヒント!、エンドロールは立たないでくださいね。


<< 遊べる本屋      欽ちゃん球団解散? その結末は? >>