2006年 09月 18日
茜色の雲
心配した台風は、日本海のかなたに遠ざかり、それほど影響が無かった。
それでも、日中は湿った南風と、スコールのような雨。
一日中家の中に居たので、体がだるくなった。
夕方、買い物を頼まれて、近所を自転車に乗っていると、空の雲が赤く染まっているのに目を奪われた。
あわてて、家に戻って、カメラを取り出して海岸へ向かう。
b0070020_2023147.jpg
こんなにきれいな雲、滅多に無い。




おまけに海岸からのショット。
b0070020_2111349.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2006-09-18 20:03 | 撮影記 | Comments(8)
Commented by aya at 2006-09-19 22:27 x
こんばんわー
すごーい!!! とってもきれいな夕焼けですねっ♪♪♪
Commented by dosanko0514 at 2006-09-19 22:33
ayaさん、いらっしゃいませ。
>とってもきれいな夕焼けですねっ♪♪♪
ボクも感動しました。
今日のあるラジオ番組でも、この日の夕焼けの話がありました。
同じように、感動して、涙が出そうになったそうです。
Commented by scott_yonezawa at 2006-09-19 23:40
ああ、dosankoさんもこの夕焼けをものにされたんですね。
僕は電車の中でこの夕日を見ていたんですが、カメラを出す勇気がなくてあえなく敗退。情けない...
Commented by dosanko0514 at 2006-09-20 08:17
scottさん、おはようございます。
>カメラを出す勇気がなくてあえなく敗退
あー、それは残念でしたね。
ボクだったはホームに降りてパシャパシャとシャッター切りましたね。
理性より感性を優先・・・なんて言ったらかっこいいのですが、要は節操が無いんです(笑)
Commented by love4view at 2006-09-20 23:26
すごい素敵な夕日だったんですね。
これは、ホント、貴重なシャッターチャンス。しっかりカメラへ収めてすごいです。
どこかへ行かなくても、身近でこんな出会いがあるんですよね。私も気をつけていなきゃ・・・
下の映画「ゆれる」、私も見ましたよ。いろいろ、考えさせられる映画でした。私は、お兄ちゃんは、結局は、何でも知っていたし、あんな嘘をついいのも、弟がああいう行動を取ると思っての事だったのでは?って思うのです。
でも、なんで、大きな映画館で上映しないのかしら?残念です。
Commented by dosanko0514 at 2006-09-21 08:19
love4さん、おはようございます。
>身近でこんな出会いがあるんですよね。
そうなんですよ。 何気ない風景でも、感動する瞬間ってあると思います。
>映画「ゆれる」、私も見ましたよ。
おお、love4さんも、なかなかの映画通ですね。
映画の流通って、作品の善し悪しに関係なく動いているようです。
そういう意味で、顧客第一主義ではないと思います。
Commented by beautifulones at 2006-09-21 22:17
そうそう、この日は夕焼けがすごく美しくて、私も見とれました。
すごうキレイに写真撮れてますね!海からの画像がまた素敵です。

もっと前、7月くらいだったかな、空がまさに黄金色で、ものすっごく美しくて、まさに神話の世界のようだった夕方があったんですよ。
私は仕事帰りの電車の中だったんですけど、あまりの神々しい美しさに一人で興奮。でも連れはいないし、車内のほかの乗客は、みーんな寝てたり新聞読んでたり。もう、この興奮をみんなに伝えたくて、キョロキョロしながら「みんな!気付いて!空を見て!!」と心で叫んだんですけど、誰も顔を上げて窓を見ようとしませんでした。淋しかった・・・。
Commented by dosanko0514 at 2006-09-21 22:41
紅玉さん、こんばんわ~。
>この日は夕焼けがすごく美しくて、私も見とれました。
わーい! この素晴らしいシーンを共有できた人がまた増えた。

>7月くらいだったかな、空がまさに黄金色で
あ、ボクも記憶があります。 会社の窓から携帯に撮影しましたけど、画像がちょっとブレていて、アップしてませんでした。

こういう光景でも気にかけない人もいることはわかりますが、美しいものを見て感動できる感受性を持てたことを「幸せ」に思う今日この頃です。


<< ジョン・カビラさん、降板      映画鑑賞記「ゆれる」 >>