2007年 04月 15日
首里城公園を訪ねる
土曜日の沖縄。
昨晩の宴会疲れもなんのその・・・、
初めて、那覇で休日を迎えたので帰る前に観光をすることに。

行った先は、2000年に世界遺産に登録された「首里城公園」。
今は、モノレールがあって、終着駅の首里から歩いて10分ほどで着く。
b0070020_20482344.jpgまずは守礼門をくぐる。
修学旅行の中学生たちと、海外観光客がいっぱい!

いくつかの門をくぐりながら、丘を上がるとそこには、首里城が復元されていた。
b0070020_2135680.jpg
今から500ほど前、琉球王国は、中国や東南アジア諸国との貿易により、栄華を誇っていた。
首里城は国王とその家族が居住する「王宮」であると同時に、王国統治の行政機関「首里王府」の本部でもあった。
b0070020_21151812.jpg
正殿二階の「大庫理(うふぐい)」と呼ばれている場所。「御差床」には国王の玉座が鎮座する。

b0070020_21224624.jpg王冠(復元)も展示されている。





首里城のまわりには、琉球の衣装姿の人が多く見られる。
b0070020_2131660.jpg
琉球の宮廷舞踊を踊る女性。

化粧が独特だなあ。


b0070020_21315359.jpg
首里城内部の案内役の男性。

凛々しいなあ。






[PR]

by dosanko0514 | 2007-04-15 21:32 | 撮影記 | Comments(4)
Commented by love4view at 2007-04-16 23:51
沖縄にいらしたんですね。。
改めて首里城を見させて頂いて、ほぉ~台湾のお寺に似ているかも・・
お寺建設と歴史なんががわかると、きっと、もっともっと楽しく見る事ができるよな。。。って思いながら、未だに勉強にいたってませんけど。。。
昔の物を見るのは、楽しいです。。
Commented by dosanko0514 at 2007-04-17 08:30
love4さん、おはようございます。
首里城は、日本や近隣諸国の影響を多く受けています。
一番、影響が大きいのはやはり中国ですね。
清との貿易や交流が盛んだったようです。

本土のお城とは全く違った、一種独特の雰囲気を持っています。
さすが、沖縄! という感じでした。
Commented by 小夏 at 2007-04-17 16:50 x
首里城には昔行ったことあります。
とはいえ、もう15年以上前の話で、記憶もイマイチ定かじゃないんですが、↑の写真のように綺麗なお城じゃなくもっと雑然としていたような・・・。

それにしても、この建築様式だけを見ても、日本じゃない独自の文化が息づいてるのを感じますね。やっぱり台湾あたりの雰囲気に似てる気がします。
Commented by dosanko0514 at 2007-04-17 21:57
小夏さん、こんばんわ~。
>もう15年以上前の話で、
そうですか、写真の建物は平成4年に復元したそうですが、
小夏さんが行かれたのはその前ですかね?

>日本じゃない独自の文化が息づいてるのを感じますね。
そうですね。 
歴史的に見ても日本とは違う歩みをしてきたからでしょうね。


<< 銃社会アメリカの悲劇      那覇の夜は熱かった >>