2007年 04月 22日
見慣れない野鳥発見
昨日から幕張は雨は降らなかったが強い風が吹いていた。
自転車をこぐのも大変なくらいの強さだ。
そんな日は、外に出るのが億劫なのだが、
今の季節の浜辺には、面白いものがあるのでカメラを持って家を出た。

浜辺も強烈な風で帽子を目深にかぶらないと飛ばされる。
さすがに人も少ない。

前置きが長いな・・・(笑)

今日の干潮の引き方は大きいようだ。
最近行きつけの新習志野に近い浜辺に見慣れない水鳥を発見!
b0070020_18391881.jpg
くちばしが赤いな。 
名前が分からないので、とりあえず撮影して、家に帰ってから調べることにした。
シギより大きい。






その野鳥の名前は、「ミヤコドリ
b0070020_18463483.jpg越冬のため北から旅してきたようだが、こんなに群れているのは珍しいのではないのかな?
30羽はいるようだ。

(後で調べたら、近くの三番瀬が日本でも数少ない越冬地で、飛来数も100羽くらいしかない希少種だった)

浜辺には、ミヤコドリのほかにもハマシギやチドリがいた。
b0070020_18501330.jpg
今日の浜はこんな波が・・・。

撮影は、D40ではなく前から持っていたデジカメ(Canon PS S1IS)で
[PR]

by dosanko0514 | 2007-04-22 18:52 | 野鳥観察 | Comments(0)


<< 来年のサミットは北海道で      シブヤ大学 9回目講義 >>