2008年 01月 27日
メジロ
谷津干潟はバード・サンクチュアリ。
多くの野鳥が観察できる。 
最近は毎週のように訪れている。
オオジュリンをカメラで追っていたら、
たまたま、ファインダーに飛び込んできたのがメジロ。(クリックで拡大
b0070020_2120271.jpg
後で確認したら、面白い写真になっていた。



撮影日:2008.1.20
撮影場所:谷津干潟
撮影機器:Nikon D40/ AF-S VR ED 70-300mm F4.5-5.6G
撮影データ:1/160 秒 - F/5.6  ISO 800 
画像サイズ:1024×838 (トリミング有り)

しばらく野鳥の写真が続く・・・ハズ(汗)
[PR]

by dosanko0514 | 2008-01-27 21:22 | 野鳥観察 | Comments(8)
Commented by ara3 at 2008-01-27 22:52 x
あはは、良いアングルですね。
見ようによっては、棒高跳びにも見えます(笑)。・・・鳥は道具なしでも飛べるか。
Commented by selgae at 2008-01-27 23:05
まだまだ夜更け前のお晩にございますよ(「夜明け前」は島崎藤村!汗)。

お~っと、↑の方も指摘しとりますが、こらまた面白い構図になりましたな!(ばっちおっけ!汗)。

あ~そっか、望遠側では絞り解放でもF5.6つーこと?で、今一つ深度を浅く撮りたいところではありますが(=止まっているヤツ以外の周囲の葦をもちっとぼかしたかった)、限界でありますな(限界深度汗)。

どさんこさん、ここまで野鳥を追いかけるなら、いっそのこと600mmくらいの大口径単眼はいかが?(他人の財布なので無責任に言う汗)。
Commented by dosanko0514 at 2008-01-27 23:11
araさん、こんばんは~です。

>見ようによっては、棒高跳びにも見えます
ははは、そう見えますね(笑)
その後、このメジロ、ススス~っと上の方に伝って登っていったんですよ!
Commented by dosanko0514 at 2008-01-27 23:16
親爺どの、お晩でございます。(再びのご登場、恐悦至極にございます)

この300mmズームは、口径62mmでありますので、やはりF5.6が限界でございます。
周囲のボケを期待してしまいますと、もう2段階程度は欲しいところですが、お値段も2倍以上してしまいます・・・(無理汗)

>600mmくらいの大口径単眼はいかが?
無、無理でごぜーます。お代官様。
このレンズ買うだけでもかなりの思い切りと、節約生活を送ったわけでして・・・、でも、次のターゲットは決めておったりしております(笑)
Commented by beautifulones at 2008-01-28 21:51
dosankoさん、ご無沙汰してました!紅玉です。
またよろしくお願いしますね♪

私メジロってかなり好きなんですよ~。体型といい、顔といい、可愛いったらありゃしない。
以前住んでいた家の庭に梅の木があって、メジロが花の蜜を吸いによくきてました。今はマンション住まいなのでメジロの姿を全然見てません。
ここで写真を拝見できて、和みました・・・。
Commented by dosanko0514 at 2008-01-28 23:17
紅玉さん、お久しぶりです~♪

メジロは、ボクも家の前の植え込みにもしょっちゅうやってきますが、
動きがすばやいのと、隠れるのが得意なので、なかなかシャッターを切れません。

メジロと梅、似合う絵ですよね。
Commented by sazamameinko at 2008-01-29 09:31
枯れ葦の中で、ひときわ鮮やかな目白‥これでも
隠れているつもりなんでしょうか(笑)
目に見える鳥を全部撮れたら良いんですがね~
Commented by dosanko0514 at 2008-01-29 21:23
sazamameさん、こんばんは♪
>これでも隠れているつもりなんでしょうか(笑)
葦は細いですからね~、かくれんぼは無理でしょうね(笑)

動きがすばやい被写体は、偶然の成功を信じて撮りまくるしかないようですね。


<< セイタカシギ      映画鑑賞記「スウィーニー・トッ... >>