2008年 04月 27日
那覇にある野鳥の宝庫
沖縄出張最終日の26日、飛行機に乗る時刻まで時間があったので、かねてから訪れたかった場所に行くことにした。
そこは、那覇市の南にある漫湖(口にして言うのは恥ずかしいが・・・)
9年前にラムサール条約に登録された河口干潟で、シベリア、アラスカなどから日本を経由して、東南アジア、オーストラリアなどへ渡っていく鳥たちの渡りのルート上にあるため、渡り鳥たちのエネルギー補給の中継地、越冬地として重要な役割を果たしている。
ここの特徴はマングローブ林。
初めてマングローブが群生している場所を見たが、不思議だなあ。

ボクは、空港に荷物を預け、カメラを手にゆいレール「奥武山公園駅」から降りて、湖畔まで歩くとすでに汗ばむ。でも、太陽が照り付けていないだけ良いかな?
しかし、歩けど湖畔には野鳥の姿が見えないなあ。 護岸で干潟がなくなっているせいかも?
ちょっと心細くなってきた・・・・。
それでも、大きなつり橋を渡っていると、視界に大きな干潟が見えてきた。
b0070020_23203681.jpg
「うわ!、野鳥がいっぱい!」
ボクは胸の高鳴りを感じつつ、レンズの向こうの野鳥たちを見続けた。





b0070020_23223350.jpgキアシシギ(初観察)

b0070020_23231857.jpgアオアシシギ

b0070020_2324584.jpgイソシギ

b0070020_23253126.jpgミサゴ(初観察)

b0070020_23255860.jpgホウロクシギ

b0070020_23262498.jpgチュウシャクシギ

b0070020_23265999.jpgムナグロ(初観察)

b0070020_2328882.jpgキョウジョシギ

b0070020_23284691.jpgアカアシシギ

b0070020_23291848.jpgチュウサギ

他にも小さなサギやチドリの仲間がいた。
小さな干潟(谷津干潟よりかなり小さい)なのに、これほどの種類がいるとは驚いた。
また、来て見たい場所だ!
[PR]

by dosanko0514 | 2008-04-27 23:30 | 野鳥観察 | Comments(4)
Commented by sinsama2 at 2008-04-28 23:33
にゃはははは ♪
とうとう、漫湖に行かれましたなぁ~^^

さすがに、ラムサールの干潟であります。
凄いでんなぁ~

それにしても、道産子さん、野鳥、詳しいでんなぁ~^^
(^_^)v
Commented by dosanko0514 at 2008-04-29 08:19
慎之介さん、おはようございます。

にゃははは~♪、行ってきましたよ~ん♪
慎之介さんの記事を見て、これは行かなきゃって思っていました。
名前というより、野鳥の多さですがね・・・・(笑)

これだけ一度に多くの種類の野鳥が見られるのは貴重なんです。
ここは、どんなことがあっても守っていきたい干潟です。
Commented by sazamameinko at 2008-04-29 21:35
漫湖にマングローブの林ですか‥これは凄いところです‥。
ミサゴに会えたんですね!何よりです‥
こちらは相変わらず、諦めもせずカワセミを撮ってます!

>また、来て見たい場所だ!
分ります!まさに野鳥の宝庫ですね!^▽^
Commented by dosanko0514 at 2008-04-29 23:16
sazamameさん、こんばんは~♪

ミサゴだと分かったのは、帰ってきてからでした。
最初、トンビだと思っていたのですが、写真を拡大してみたら、ミサゴの特徴が見えました(嬉)

>諦めもせずカワセミを撮ってます!
ボクも早く再会したいです。


<< シロガシラ      南国の一日 >>