2008年 04月 29日
沖縄は野鳥だけではない
野鳥を見るために訪れた漫湖。
でも、ここには、野鳥だけではない面白い生き物を見つけた。
b0070020_2171177.jpg
これは地元では「トントンミー」と言われているそうな。
b0070020_2110540.jpg正式な名前はミナミトビハゼ、マングローブの近くにのみ生息するハゼの仲間で、引き潮になると木や石に登る習性がある。
それにしても、ユーモラスだなあ。






撮影が終わって空港に帰ろうとしたその時、
近くの草むらに何やら動くものが・・・・。

猫にしてはスマート。 ネズミにしては大きい。
相手もボクに気づいてじっと草むらに潜んでいる。
そして、草むらの間からのぞいた顔をカメラに捉えた。
b0070020_21141594.jpg
これ、何だろう?

帰ってきて、Webで調べてみたら、

「あー、これが最近問題になっているマングースかぁ?」
ハブ退治のためにインドあたりから移入したものの、ハブを殺さないどころか家で飼っているニワトリを襲ったり、最近ではヤンバルクイナをも殺しているとのウワサが・・・。
[PR]

by dosanko0514 | 2008-04-29 21:17 | 撮影記 | Comments(4)
Commented by sazamameinko at 2008-04-30 21:02
これは干潟にいるハゼとそっくりですが~

名前からして‥飛ぶんですかね?

鳥の仲間とは思えないし~~

う~ん、謎の生き物だ!
Commented by dosanko0514 at 2008-04-30 22:37
sazamameさん、

>名前からして‥飛ぶんですかね?
トビハゼは、「跳び鯊」と書きます。
ジャンプするそうですよ。 見ていませんでしたが・・・。
Commented by 小夏 at 2008-05-01 09:55 x
えーーっと、えっと、えっと、「トビハゼ」ってことは、一応・・・魚類?
あ、でも、木や石に登るってことは?ああ、やっぱりナゾだ~!
ちっちゃいからまだ許せるけど(・・・小さいんですよね?^^;)、↑系の生き物って私ちょっと苦手かもしれませんです。どうもヌルヌル系に弱くて・・・。

しかし、日本全国まだまだナゾの生物がおりますねぇ。カメラ小僧、どさんこさんの好奇心がますますムクムクと・・・。(笑)
Commented by dosanko0514 at 2008-05-01 12:38
小夏さん、毎度~♪

ははは、小夏さんは、ヌルヌルした魚がダメなんですね(笑)

>小さいんですよね?
親指くらいの長さですよ。
全然人を恐れず、のんびり日向ぼっこをしていました。

日本も広いなあって感じました。


<< キョウジョシギ      シロガシラ >>