2008年 09月 23日
サンゴ草(アッケシソウ)
帰郷して墓参りの途中、能取湖畔を真紅に染めるサンゴ草を見に立ち寄った。
ちょうど、群生地の網走市卯原内(うばらない)では「サンゴ草まつり」の最中で、観光バスや道内を旅行中のレンタカーが多数訪れていた。
会場では、地元の人たちが、テントを立ててトウモロコシやホタテの売店を開いていた。
素人のど自慢大会も開かれていたが、これはちょっと勘弁(汗)
広さとしてはそれほどではないが、見事な赤いじゅうたんがすばらしい(クリックで拡大)
b0070020_16272320.jpg


b0070020_16313121.jpg
能取湖は海とつながっている汽水湖だが、その塩分を含んだ湖水にしかサンゴ草は育たない。

b0070020_16391049.jpg
近寄ってみると、赤い茎だけがあるように見える。
ちゃんと花も咲かすらしい。


[PR]

by dosanko0514 | 2008-09-23 16:40 | 撮影記 | Comments(8)
Commented by sazamameinko at 2008-09-23 21:45
初めて観ました~サンゴソウ。
下のピンクは、海のサンゴに似ていますね。

この植物の生育が悪いと…地元の人たちは
サンゴの肥立が悪い~と言うんでしょうかね?
(ケーシー高峰みたい…グラッチェ!)
Commented by dosanko0514 at 2008-09-23 22:17
sazamameさん、こんばんは~!

>海のサンゴに似ていますね。
そうですね。 だから「サンゴ草」と呼ばれているのだと思っています。

>サンゴの肥立が悪い~と言うんでしょうかね?
おーい! 座布団2枚持ってきて~!(笑)

一度、見る価値あり!です。
Commented by sinsama2 at 2008-09-27 22:47
綺麗なものですなぁ~^^

近くで見ると、なおさら綺麗なのでっしゃろね。

日本では、網走市卯原内しかないのですかい?

(^_^)v
Commented by dosanko0514 at 2008-09-28 10:15
慎之介さん、おはようございます!

青い湖と赤いじゅうたんとのコントラストは格別ですね~!

>日本では、網走市卯原内しかないのですかい?
いえいえ、北海道の海とつながった湖の一部に自生しているようですよ。
ここの群落は、人工的に湿原を整備しているので、自生とは言えないですけど、保護する観点ではしょうがないのかも知れませんね。
Commented by tom at 2008-09-28 15:49 x
不思議な光景ですねー
湖が赤い・・・。
ここで、のど自慢大会・・・。つながりが読めない・・・。(笑)
Commented by dosanko0514 at 2008-09-28 21:09
tomさん、こんばんは~!

>不思議な光景ですねー
そうなんですよ。
湖が赤くなるって、普通、公害を想像しますが、植物によって赤く染まるのであったら、うれしいことです。
絶滅しそうなので、なんとか自生する地帯が広がればいいなあって思います。

>のど自慢大会・・・。つながりが読めない・・・。
まあ、この地区での大きなお祭りですから、やることと言えば、この程度なのかな? って思います。
しかし、観光客相手には、やらないほうが良いかと・・・(汗)
Commented by 小夏 at 2008-10-10 14:05 x
うわ~っ!これは凄い!地平線が遠いよ~
サンゴ草って名前だけは知ってたけど、こうやって見るとなかなか壮観な光景ですね。「立ち寄れる」場所にこういった大自然が普通にあるんですね。
さすがVIVA!ホッカイドー!

素人のど自慢、ホント勘弁してくれ、ですよ。
自然音だけで充分なのに、ぶっちゃけ雑・・・(以下略)
Commented by dosanko0514 at 2008-10-11 09:37
小夏さ~ん、おはよう!

>地平線が遠いよ~
湖や海を撮ると、ほんと地平線が遠く感じます。

>「立ち寄れる」場所にこういった大自然が普通にあるんですね。
田舎に住んでいるときは、これが「普通」って思っていて、都会にひどく憧れていました。
それが、都会に20年以上も住んでしまうと、逆に田舎の風景にひどく憧れています。
クルマで2時間の範囲に国立公園が3つもある場所ってほかに無いと思いますね。

>素人のど自慢
過疎地の楽しみってこれくらいなのかなあ~?


<< 秋の花2題      映画鑑賞記「パコと魔法の絵本」 >>