2008年 10月 24日
珍鳥目撃(アカツクシガモ)
バラを撮影しに行った帰り道、谷津干潟をちょっとのぞいていたら、
見たことの無い色の鳥が遠くに見えた。

最初は、シギ類の幼鳥かと思ったが、双眼鏡で見るとカモのようだ。
あわてて、望遠レンズを取り付けて一番近い場所に急いだ。
撮ってはみたものの、この鳥の名前はわからない。
b0070020_22424317.jpg

家に帰って、野鳥図鑑(ポケット版)を見てもそれらしいのが無い。

ネットで調べてみると、どうもアカツクシガモらしい。

ただ、写真のとおり、かなり遠距離にあるので、確信がもてない。
アカツクシガモだとしたら、とっても珍しい鳥を見たことになる。
[PR]

by dosanko0514 | 2008-10-24 22:53 | 野鳥観察 | Comments(4)
Commented by sazamameinko at 2008-10-25 09:17
おはようございます。
最初、ケイマフリにも見えたのですが、アカツクシガモかもですね~
飛んだ時、羽根の内側が白かったら…間違いなくアカツクシガモです。
そうだとすれば…仰る通り、絶滅を心配される種類ですね。
Commented by dosanko0514 at 2008-10-25 18:09
sazamameさん、こんにちは。

>最初、ケイマフリにも見えたのですが
目の部分が白いのでそう見えますね。

飛翔している姿が分かればよりはっきりしますが、残念ながら飛んでくれませんでした。
また、見てみたいです。
今度はもっと近くで・・・。
Commented by sinsama2 at 2008-10-25 19:43
赤土筆 鴨?
珍しい色ですな。^^

(^_^)v
Commented by dosanko0514 at 2008-10-25 21:37
慎之介さん、こんばんは!

>赤土筆 鴨?珍しい色ですな。^^
本当に珍しい色の鳥です。
日本には毎年数えるほどしか飛来しないそうです。
絶滅危惧種に指定されているくらいですから・・・・。


<< 大学祭      札幌は紅葉シーズン開始 >>