2010年 10月 08日 ( 1 )

2010年 10月 08日
こっちのノーベル賞は波乱含み
事前の予想どおり、ノーベル平和賞は、獄中の中国人人権家が受賞した。

asahi.comの記事より
ノルウェーのノーベル賞委員会は8日、2010年のノーベル平和賞を、中国共産党による一党独裁の見直しや言論・宗教の自由などを求めた「08憲章」を起草した中国人人権活動家で作家の劉暁波(リウ・シアオ・ポー)氏(54)に授与すると発表した。中国の人権改善や民主化に取り組む姿勢が評価された。
 中国在住の中国人がノーベル賞を受けるのは、自然科学系も含めて劉氏が初。その授賞決定は、経済大国として国際社会での存在感を増す中国に対し、民主化と人権改善を強く促したものだ。ノルウェーでの報道によると、中国政府は、劉氏ら反体制派への授与が「中国とノルウェーの関係に影響を及ぼす」と委員会側に事前に圧力をかけていたとされる。今後、中国の猛烈な反発を招くのは必至だ。

尖閣問題でも、大人気ない威嚇やら報復を繰り返す中国政府。
このビッグニュースでも、噴飯モノの対応のようだな。(asahi.comの記事より)
 中国各地で8日、ノーベル平和賞の受賞者を発表する様子をノルウェーから生中継していた米CNNテレビの画面が、午後5時(日本時間同6時)4分から12分まで真っ黒になった。NHKのニュース番組の放送も同時刻、アナウンサーが「ただいま、ノーベル平和賞のニュースが入ってきました」「中国の人権活動家の劉暁波さんに決まりました」と言った直後に停止し、関連のニュースが終わると復旧した。いずれも中国当局が劉氏への授賞を国民に知らせないために操作したとみられる。

良識ある中国市民だったら、これが何を意味しているのか良くわかっているはずだ。

憲法では「言論の自由」を謳っておきながら、一党独裁を批判しただけで獄中に追いやる中国政府に、経済大国に似つかわしくない、世界屈指の人権蹂躙国家のレッテルを差し上げたい。
当然、最高賞は北朝鮮だが。

ともあれ、
刘晓波先生,诺贝尔平和奖获奖恭喜恭喜。

日本の対応も・・・・
[PR]

by dosanko0514 | 2010-10-08 23:46 | ちょっと気になる | Comments(2)