カテゴリ:野鳥観察( 132 )

2017年 03月 04日
カワセミ水上がりに執着
今週もカワセミの池に行ってきました。
先週、ピンボケ写真の山に懲りて、今回は三脚持参で臨みました。
レンズは相変わらずの70-300mmズームですが、SSと連写速度を目一杯上げてカワセミを待ちました。
b0070020_23200786.jpg
待つこと30分。いきなり、狙っていたポイントにダイブしました。
b0070020_23213432.jpg
その後、数回飛び込んでは林の中に戻ることを繰り返すこと5回。
b0070020_23232131.jpg
約1時間の滞在でしたが、ピントがきた写真はそこそこ残せました。
b0070020_23281859.jpg
b0070020_23263699.jpg
来週も来てもらうことを祈って、池を後にしました。
b0070020_23284963.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2017-03-04 23:29 | 野鳥観察 | Comments(2)
2017年 02月 26日
至近ダイブ連発なのに追尾できず・・・
今週末もカワセミが飛来する市内の海浜公園の池に出かけました。
この日で4週連続になりますが、同じくカワセミ写真を楽しんでいる人(全員、私より年上)たちと顔なじみなってきました。
ここは人工池のため、カワセミのエサとなる川エビを確保して、ダイブの決定的写真を狙い続けているそうです。
私もその瞬間を待ちました。
b0070020_13371704.jpg
待つこと30分、ようやくメスが現れました。
さっそく、白エビがたくさんいるスポット上の枝からダイブ開始!
b0070020_13395654.jpg
最初の飛び込みはフレーム外。やはり早くて追いかけられない。
その後、先輩の方からのアドバイスをもらって、SSを上げて、VRをオフ、そして、 
マニュアルフォーカスにチェンジ!
b0070020_13453137.jpg
水上がりは、微妙にピントが前になってボケボケになりましたが、その後の飛び上がりはピンがきました。
b0070020_13470837.jpg
このメスのカワセミは食欲旺盛で、一度の登場で5回以上ハンティングしてくれました。
b0070020_13483539.jpg
ダイブするたびにシャッターを押し続けましたが、フレームのど真ん中に入ることはありませんでした。
やはり、手持ちは厳しいですね。(水準も傾きっぱなしですし)
b0070020_13504545.jpg
これだけチャンスがあったのですから一度はストライクもあってもよさそうなものですが・・。
b0070020_13515171.jpg
水上がりにしても、前ピンで終わりました。 雫写真でしたら良さげですが。
最後の水上がりも微妙なピント仕上がりです。
b0070020_13533440.jpg
子育ての時期になると、赤土の壁がある川の上流に移動するらしいですので、
あと一か月、またダイブを撮られるよう祈って、公園を後にしました。

[PR]

by dosanko0514 | 2017-02-26 13:54 | 野鳥観察 | Comments(2)
2017年 02月 12日
今週末も野鳥三昧
土曜日に、先週と同じ公園に行ってきました。
この日はよく晴れて、眩しいくらい。
前回出会ったカワセミを探しましたが、しばらく現れず。 
でも、他の野鳥が楽しませてくれています。 ツグミが「だるまさんが転んだ」を演じていました。
b0070020_10113679.jpg
モズの高鳴きも聞こえて、木の枝に止まっていました。
b0070020_10123819.jpg
ちょっと別な場所に行くと、長いレンズをつけたカメラを構えた人がじっと待っていました。
人工の滝つぼに止まり木をセットしてカワセミを待っていたそうです。
それからわずかして、カワセミが現れました。
b0070020_10275240.jpg
先週撮影したカワセミはオスでしたが、こちらはそのパートナーかな?
b0070020_10354924.jpg
元気にダイブしました。 その後の捕捉はできず・・・💦
b0070020_10365554.jpg
エビをくわえて上がってきました。
b0070020_10380804.jpg
その後10分間に5度もダイブしてくれて、嬉しかったです。
水上がりできれいな羽も撮れました。
b0070020_10400141.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2017-02-12 10:40 | 野鳥観察 | Comments(2)
2017年 02月 05日
海辺の公園が野鳥祭り状態に
久しぶりの野鳥の投稿になります。
土曜日にお花の写真を撮りに海辺の公園に出かけたら、人工の池でカワセミを発見。
ここで見るのは初めてでしたので興奮しました。しかし、レンズは花用のマクロでしたので証拠写真止まりでした。
今日、再びその公園に出かけてみると、またいました!
b0070020_18442601.jpg
そして、なんと!
目の前でホバリングしてくれました!
b0070020_18450720.jpg
2秒ほど留まって、ダイブ!
b0070020_18461534.jpg
手持ちの300mm望遠でも撮れたので、とても嬉しかったです。

今日は、カワセミ以外にもいろんな野鳥に出会いました。
b0070020_19251894.jpg
この池の主。オナガガモです。
餌をもらっているため、全然逃げません。
b0070020_19280746.jpg
しきりに地面を掘っているのが、シロハラです。ずっとここにいました。
b0070020_19291212.jpg
アオジも水を飲みに来ました。
メジロもたくさん来ていました。
b0070020_19300900.jpg
帰ろうとしたら、近くの松林にオナガの群れが・・・。
相変わらずギーっと煩かったです。
カワセミはカップルでいましたので、しばらくここで観察できると幸せです。


[PR]

by dosanko0514 | 2017-02-05 19:32 | 野鳥観察 | Comments(2)
2016年 12月 11日
トウネンとミユビシギ
土曜日の朝、冬らしい澄み渡った青空が広がりました。
富士山が良く見えたので、海岸まで行って撮影しようとしたら、シギ類がたくさんいました。
b0070020_15065008.jpg
トウネン(やや茶色の羽)とミユビシギです。
しきりにくちばしを水たまりに入れて食事をしています。
b0070020_15132947.jpg
昔は、この鳥をトウネンと思い込んでいましたが、ミユビシギが正しいです。
名前の通り、指が3本なのが見分ける特徴です。
じっとしてカメラを構えていると、数メートル先を駆けていきました。
b0070020_15173804.jpg
こちらがトウネンです。 足の指が4本あります。
こっちも目の前を駆け抜けていました。
あまりの速さに、カメラが追いつかず、この後の写真はしっぽのみでした。
b0070020_15192779.jpg
北風が強くて、じっとしていると凍えてしまいそうで、20分ほどで撤収しましたが、
久しぶりにシギたちに会えてうれしかったです。

[PR]

by dosanko0514 | 2016-12-11 15:21 | 野鳥観察 | Comments(2)
2016年 05月 07日
久しぶりの谷津干潟は・・・・
長い長い連休に飽きてきたころ、久しぶりに長いレンズを持って谷津干潟に行ってみました。
最近、コンパニオンやら花しか撮っていなかったので、連写設定にするのを忘れるところでした。

この日は平日だったので、フィールドにはバードウォッチャーがちらほらいましたが、何だか様子がヘン?
この時期、北へ渡るシギやチドリが干潟一面に羽を休めているはずなのですが、遠くにダイゼンが見えるくらい。
海とつながる水路近くでキアシシギが5羽撮れただけでした。(トリミングしても小さいくらいの遠距離です)
b0070020_10574245.jpg
一時間粘りましたが、干潮になっても変化はありませんでした。
フィールドを変えて、より海に近い場所に移動しました。
ここでは、かろうじてチュウシャクシギを発見できました。
b0070020_11001831.jpg
でも、とっても遠かったです。
b0070020_11005542.jpg
お昼寝から覚めて、伸びをしているように見えたチュウシャクシギです。
空を見たら、群れで飛ぶシギが見えましたが、くちばしの長かったので、チュウシャクシギのようでした。
谷津干潟に降り立ったと思ったら、また、飛び立ち、三番瀬に向かっていました。
b0070020_11023218.jpg
前の写真でお分かりのように、数年前から谷津干潟では、アオサが大量発生して、野鳥のエサとなるゴカイや貝類が死滅しているそうです。
そのために、飛来しなくなったのでは?と言われていて、ラムサール条約の返上なんてことも危惧されています。
b0070020_11045432.jpg
なんとか元の美しい干潟に戻して、野鳥の楽園にしてほしいものです。

[PR]

by dosanko0514 | 2016-05-07 11:05 | 野鳥観察 | Comments(2)
2016年 01月 11日
稲毛海浜公園浜の池にて
今年最初の野鳥撮影に行ってきました。
場所は自転車で20分ほどの稲毛海浜公園です。
同じ場所にあるフラワーミュージアムの前庭には、寒咲きの菜の花がいっぱいでした。
b0070020_08091239.jpg
そこから、すぐそこの人工池(浜の池)には、たくさんのユリカモメが羽を休めていました。
b0070020_08103178.jpg
小さな池ですが、こんなにいっぱいいるのは理由があります。
b0070020_08123544.jpg
ここを訪れる人たちがお菓子やパン屑を鳥たちに与えているうちに集まりだして、
今では、家族連れを見つけると、近くまで餌を乞うようになってしまいました。
なので、数メートルまで接近しても、全然逃げようとしません。
b0070020_08154269.jpg
一緒にいるオナガガモは、まだ警戒心が高く、一定の距離で逃げていきますが、
これくらいの野生らしさを失ってしまってはいけませんね。

[PR]

by dosanko0514 | 2016-01-11 08:18 | 野鳥観察 | Comments(2)
2015年 04月 29日
谷津干潟にて
久しぶりに谷津干潟に行ってきました。

ちょうど、北に帰る冬鳥と、南から北に渡る途中の旅鳥がたくさん羽を休めていました。
b0070020_13174230.jpg


ここのシンボルとなっている感のあるセイタカシギ。
数羽がせっせとエサを探していました。
b0070020_13185721.jpg


b0070020_13191413.jpg


b0070020_13192336.jpg
渡りをせず、ここで留鳥となっているせいか、人をあまり怖れません。

b0070020_13201694.jpg
ハシビロガモの番です。
オスがちょっとユーモラスですね。

b0070020_13205360.jpg
この日は、オオヨリハシシギが多くいました。

b0070020_13212772.jpg
たくさん栄養を取って、これからシベリアに旅立つとことですね。
無事を祈っています。
[PR]

by dosanko0514 | 2015-04-29 13:22 | 野鳥観察 | Comments(2)
2013年 12月 31日
トウネンで年越し?
大晦日の朝、日の出前に海岸に行きました。
あいにく、富士山はもやにうっすらとしていて、紅富士をしっかり捉えることができませんでした。
しかし、目を海岸線に向けると、早朝からエサを探してひっきりなしに動き回る鳥が群れていました。
おなじみのトウネンです。
b0070020_180680.jpg
日の出前なので、SSを稼ぐためにISOを上げています。
b0070020_1823763.jpg
秋よりちょっとふっくらしていますね。
羽毛が増えて寒さ対策でもしているのでしょうか?
b0070020_1832167.jpg
じっとしていたら、目の前を駆け抜けていきました。
ほぼノートリです。
大晦日にトウネンを見て、当年の撮影終了(笑)
よいお年をお迎えください!
[PR]

by dosanko0514 | 2013-12-31 18:04 | 野鳥観察 | Comments(3)
2013年 11月 17日
トウネンとチョウゲンボウ
昨日と今日は秋晴れの休日になりました。
遠出はできませんでしたが、近所の浜でトウネンとまた、出会いました。
b0070020_20503263.jpg
今日は20羽くらいの群れで浜辺をチョコチョコと走り回っていました。
b0070020_20511824.jpg
いつものとおり、低く構えてじっとしていると、警戒心が薄れたのか近づいてくれました。
b0070020_2054282.jpg
目に光が入って、ラッキーでした。
b0070020_20543718.jpg
ほぼノートリで撮りました。

トウネンに出会う前に、チョウゲンボウの飛翔を捉えました。
b0070020_20554276.jpg
かなりトリミングしたので画像が粗いです。
b0070020_20561250.jpg
チョウゲンボウの目の下が黒いのが特徴ですね。
[PR]

by dosanko0514 | 2013-11-17 20:57 | 野鳥観察 | Comments(2)