<   2006年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2006年 07月 31日
なぜ防げないプールの事故
過去にも排水口に児童が吸い込まれる事故があったのだが、その教訓が全然生かされていない。
Excite ニュース「小2女児吸い込まれ死亡 埼玉、プールの吸水口」
ニュースによれば、監視員(きっとアルバイトなのだろう)が吸水口のふたがはずれていたのを発見していたのにもかかわらず、近寄らないように注意だけをしていたそうだ。

何故、全員をプールから出して、修理しなかったのだろうか?
吸水口での事故防止に対するマニュアルはないのだろうか?

亡くなられた戸丸瑛梨香ちゃんの冥福を祈りたい。

追記:その後の関係者の話から、問題のふたは今年のプールオープン時から、針金だけで固定されていたらしい。 文部科学省からの通達も伝わっていなかったようだし。

8/2追記:その後の県警の調べで、プールを管理していた「太陽管財」が、さらに業務を丸投げしていたことが判明。 その下請け業者には具体的な指示がなされていたのか? 今後の捜査で明らかになるのであろう。
公共公益業務の丸投げの問題は、他にもニュースで取り上げられていたが、よりによって、プールを楽しみにしてきた子供の命を奪う場所でそれがクローズアップされるとは・・・・。
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-31 22:59 | ちょっと気になる | Comments(12)
2006年 07月 31日
気になったブログ
今日のasahi.comの記事からたどったものである。
このブログは、警察官僚として働き盛りであった36歳の男性の身に突然襲った癌、余命いくばくも無いその時間を懸命な看護をする奥さんと、彼の同僚の温かい励ましでつづられているものであった。

警察官僚ガン闘病記

ブログは実名で書かれており、病状が悪化していく中、揺れ動く心理と、仕事(警察)への情熱、最後は、衰弱しPCのキーボードも打てなくなった夫に代わり、妻が代筆(キーボードを打つ)しているものであった。

読み続けていくと、胸が熱くなる。

ブログの記事から(一部引用)
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-31 21:11 | ちょっと気になる | Comments(4)
2006年 07月 30日
オープン・キャンパス
来年ではないのだが、息子の進学希望としている大学の一つへ。
息子は学校の友人と行くはずだったのだが、その友人が昨日行ってしまったので、今朝急に親が引率することに・・・(苦笑)

数日前のニュースで、全国の私立大学の4割が定員割りしているそうだが、ここは相変わらずの人気校。 
受付でパンフレットを受け取って、学内のツアーに参加。
b0070020_2125242.jpg学科説明会では、講義室に集まった高校生を前に教授が学科の特色などを説明していた。
最近の大学の講義って、パワポを使ってワイヤレスでコントロールしているんだ・・・。
普通の講義もそうなのかな?



その後、学科の研究棟に行って、模擬実験に参加。
b0070020_21275167.jpg有機ELに使われている高分子化合物を合成するもの。
いとも簡単に作れてしまう・・・が、これは準備をしっかりしていてくれているおかげ!
息子も興味を示していたが、理解していたのかな?

志望校を決める前に、実際にそのキャンパスに出向いて学内の設備とか学生や教職員の雰囲気を確かめておいた方が良いだろう。

親としては、ここに入ってもらったら本望なのだが・・・・。

★☆
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-30 21:33 | Comments(0)
2006年 07月 30日
映画鑑賞記「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
鑑賞日:06.07.28 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16
前作が予想以上の大ヒット、あれから3年、前作のキャストとスタッフが再結集して、新たな伝説を作り上げた。
孤高の海賊船長ジャック・スパロウの秘められた過去とは?そして、宿命のライバル「デイヴィ・ジョーンズ」とは?
b0070020_013762.jpg

<タイトル・ロールの後でちょっとおまけ映像が・・・>

ストーリーと感想(ネタバレ注意)
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-30 00:19 | 映画は楽しい | Comments(8)
2006年 07月 29日
広島の小学校へ世界から折鶴
世界中から、戦争、紛争の死者のニュースが途絶える日がない中、
こんなニュースが目に留まった。
「英語HP開設した小学校へ、10か国から千羽鶴…広島」(読売新聞)
 広島市立安東(やすひがし)小が英語のホームページを開設し、平和への祈りを込めた千羽鶴づくりをインターネットで世界中に呼びかけたところ、8月6日の原爆忌を前に、アメリカやイギリス、ブラジル、モンゴルなど10か国の小学校や図書館など計27か所から色鮮やかな千羽鶴が届いた。
(中略)
 「原爆の子の像」のモデルになった佐々木禎子さんにまつわる逸話を記した教科書などから、千羽鶴の意味を学んだ学校も多く、アメリカのある小学校は「私たちも(千羽鶴を)折ったけど、どうすればいいのかわからなかった。あなたたちに平和の願いを託したい」と手紙を添えて、送ってきた。別の小学校は「ずっと仲良し」とのメッセージに「平和」という漢字を添えていた。折り紙がない国からは新聞紙や包装紙を1枚ずつ正方形に切って丁寧に折り、段ボール箱10個以上を送ってきた小学校もあった。


安東小学校のHP(Peace Message from Yasuhigashi Elementary School in Hiroshima)

2000年から続けていて、全部で15ヶ国だ。
こういった交流の輪が広がって、二度と核兵器が戦争で使われないように、そして、紛争は話し合いで解決できるようにしたいものだ。
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-29 15:39 | ちょっと気になる | Comments(0)
2006年 07月 26日
中沢までもが代表引退
うーん、オシムジャパンはどうなるのだろう?
中田英寿の代表引退からまだ日が浅いのに、ニッポンDFの要をまた失うのか?
Excite ニュース「中沢代表引退へ 現役は続行」
中沢は、日本には貴重な恵まれた体格で、日本の失点の危機を何度も救ってきた。
また、イエローカードをもらわない潔いプレーでもボクの心をつかんでいた。
ジャパンブルー中沢のボンバーヘッドが見られなくなるのはとても寂しい。

次のW杯まで、「中沢、残ってくれ!
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-26 21:47 | スポーツ観戦 | Comments(2)
2006年 07月 25日
遊べる本屋
自宅はBS対応でないため、放送自体は見れないのだが、ネット上でそのダイジェストが見れたりする。 その放送番組とは、BS 朝日「追跡!フロントランナー」である。

今回は、「遊べる本屋」と言われ、着実に店を増やしている「ヴィレッジ・ヴァンガード」の社長、菊地敬一さんがインタビューを受けていた。

この「ヴィレッジ・ヴァンガード」という本屋さん、ボクの街にもあるのだが、とてもユニークな品揃えで、時々、自分の昔の隠れ家に行くような気持ちで、それでいて、目的も無く、入り口のドアを開けてしまう。
店での品揃えは、店長に任されている。つまり、店長の趣味がそのまま陳列棚になっているわけだ。 ちなみに、ここの店長、「ジンギスカンキャラメル」から始まり、「ビートルズ」グッズも多数あって、目の付け所がいい。

インタビューで感銘を受けた言葉がある。
「社員の力に敬意を払い、信頼する。度胸があれば、難しいことではない。」
要するに、上から押し付けるのではなく、ある程度自由にやらせてみることなのだそうだ。
うまく行かなかったら、本部の責任にして、またチャンスを与える・・・なるほど。

同じ北海道出身の菊地さん、まだリタイヤできそうもないらしい。
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-25 23:28 | ちょっと気になる | Comments(4)
2006年 07月 23日
映画鑑賞記「カーズ(Cars)」
鑑賞日:06.07.21  鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16
トイ・ストーリー、バグズ・ライフ、モンスターズ・インク、Mr.インクレディブル、ファインディング・ニモと次々とCGアニメの傑作を生み出してきたピクサーが今回放った作品は、自動車が主役。
一台のレース・カーが迷い込んだ砂漠の中の街は地図上から消えていた。
そこには、見たことのないクルマたちが幸せそうに暮らしていたが・・・。

b0070020_11292255.jpg


ストーリーと感想(ネタバレ注意)
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-23 11:30 | 映画は楽しい | Comments(4)
2006年 07月 20日
欽ちゃん球団解散? その結末は?
高校野球でも、選手や監督などの不祥事が起きると必ずといっていいほど「対外試合禁止」とか「謹慎」という処分が下るが、欽ちゃんの場合、あっさり球団を解散してしまう意向らしい。
Excite エキサイト ニュース「欽ちゃん泣いた…茨城GG解散へ」
所属する選手の未成年者との飲酒、はてまた淫行となれば、反社会的行為という誹(そし)りは免れないが、欽ちゃん球団が起こした全国的なムーブメントまでが潰(つい)えてしまうのは残念だ。
関係する人たちのショックも計り知れないだろう。
欽ちゃんにはもう少し冷静に判断してもらいたい。
こんな記事も、
Excite ニュース「<茨城GG>監督の欽ちゃん、揺れる心境のぞかせる」

22日追記:
Excite ニュース「萩本監督が解散撤回 茨城ゴールデンゴールズ」
どうやら、チームは残るようだ。 よかった。 残った選手たちは精一杯野球に取り組んで欲しいな。


極楽とんぼ、山本某はしょうもないヤツだが、相方の加藤くんが可哀想だったな。

PS:高校野球予選--母校はまたしても甲子園をあと一歩で逃す・・・
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-20 09:02 | ちょっと気になる | Comments(6)
2006年 07月 17日
海の日は六本木ヒルズアリーナへ
昨年に引き続いて海の日の恒例行事となった感のあるJ-WAVEの休日特別番組「ANA Holiday Air Current」に今年も行って来た。
b0070020_2238189.jpg

昨年、初めて葉加瀬太郎さんのバイオリン演奏を聴いて感動したのを記事にしたが、今年も午後5時から生演奏が聴けるし、その他のゲストも多彩とあったので足を運んだ。
今日は昨日までの蒸し暑さは無かったが、今にも雨が降りそうな雲行き。
実際、葉加瀬太郎さんのリハーサル中に風雨が少し強くなって、中止にはならないか心配になったほど。
それでも、無事、本番では雨も小降りになり、心にしみる演奏が始まった。
今年は、葉加瀬太郎さんのバイオリンに、チェロとピアノのトリオで始まり、途中、葉加瀬さんのバイオリンの先輩でもある古澤巌さんも加わり贅沢なアンサンブル。会場が静まり返りその音色のうねりに身をゆだねている人ばかりに・・・・。ブラボー!
最後は番組のもう一人の司会を務めた坂本未雨さんとの歌声とジョイント。

実は、今日最大のサプライズは・・・・。
[PR]

by dosanko0514 | 2006-07-17 22:42 | Comments(2)