<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2008年 08月 31日
青潮の影響?
久しぶりにスッキリ晴れ渡った日曜日。

夏を惜しむように、近所の浜辺に出かけてみた。
青空がまぶしい。(クリックで拡大)
b0070020_2251963.jpg

ただ、太陽に照らされて一見きれいな浜辺も、近づいていみると、意外な光景に息を呑んだ。
砂浜のいたる所に小さな貝がらがびっしりと固まっていた。
b0070020_2313160.jpg一番驚いたのは、マテガイという縦長の二枚貝が砂浜に刺さっているような格好で大量に死んでいることだった。
ここ一週間、千葉沖は青潮が発生していたので、酸欠を起こして死滅したのだろうか?


b0070020_232677.jpg波打ち際には、さらに大量の貝の死骸が溜まっていた。
しばらく、生き物がほとんどいない浜になってしまうのだろうか?

青潮の発生原因は人間が捨てた生活廃水だと言われている。
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-31 23:03 | 撮影記 | Comments(6)
2008年 08月 30日
マーラ・ヤマウチさん(その2)
ボクが入っているeXciteブログにはアクセス解析というのがあって、ボクのブログ記事をどんなキーワードで検索しているのかがランキング形式で表してくれる。
その昔は、「秀島史香」(J-WAVEなどで活躍中)が1番だったのだが、ここ2ヶ月は「マーラ・ヤマウチ」がダントツなのだ。

彼女の記事を以前、アップしたことがあって、
そして、彼女が北京オリンピック、女子マラソンのイギリス代表だったことが、アクセス数のアップに寄与していたと思う。

そのマーラ・ヤマウチさん、
本番の舞台では、序盤から脱落した日本の選手をよそに、終始、2番手グループに入り、見事6位入賞を果たした!
実は、テレビ中継の中で、密かに応援していたので、ゴールの瞬間は嬉しかった。

そんな彼女のブログに北京から日本に帰国した報告が掲載されている。

しばらく、日本でマラソン競技生活を続けるようで、早くも母国のロンドン・オリンピック出場を目指しているようだ。
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-30 09:25 | ちょっと気になる | Comments(2)
2008年 08月 27日
この胃カメラならいいかも?
今日の午前中、定期健康診断の一環で、胃の内視鏡検査に出かけた。

一昨年も内視鏡検査を受けたのだけれど、その時の苦しさがトラウマに近くなって、昨年はバリウム検査にランクを落とした(笑)
意気地なしといわれればそれまでだが・・・(汗)

されど、バリウムも、飲む辛さと出す苦しみには、やや抵抗感が残り・・・・、
今年は、今流行の「経鼻内視鏡検査」に挑戦することにした。

さて、感想は? 

感想は・・・というと
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-27 23:06 | 自分メモ | Comments(6)
2008年 08月 27日
進化しすぎ?Googleマップ
もう気づいている人も多いだろうけど・・・・。

Google Earthにあった「ストリートビュー」がいつのまにかGoogleマップでも登場。
こっちの方が動きがサクサクしていて使いやすいかも知れない?

初めて訪れる場所の街並みの確認に利用できたり、知人宅の外観がわかったりと便利なことこの上ないが・・・、プライバシーの問題がはらんでいることも否めない。
景観問題の渦中にある某有名人宅近辺のビューが削除されていることがその証拠だと思うな。

会社近辺もこのとおり (今年の2月くらいに撮影していると推測)
b0070020_8314075.jpg


もう一つ、Googleマップに写真を貼り付けたり、見たりすることができる。
Panoramioというサービスだけど、これも面白い。

ボクの写真も何枚かアップしているので、探してみてね!
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-27 08:33 | ちょっと気になる | Comments(6)
2008年 08月 24日
やっぱり面白いオリンピック(後半)
今日でオリンピックも終わり。

日本のメダル数は金9、銀6、銅10。
嬉し涙や悔し涙の場面を多く見ることができた。

後半のアスリートたちは・・・?

●上野 由岐子(ソフトボール女子)
2日間で413球を投げ抜いた『鉄腕』。
最後は気力で投げ続けていただろう。
次回からオリンピック種目から除外されるので、価値ある金メダルだった。
この快挙に男子選手も奮起してもらいたかったのだが・・・・・。

●塚原 直貴、末続 慎吾、高平 慎士、朝原 宣治(陸上男子400mリレー)
タナボタとは言え、各自が持っている力を全て出した結果が銅メダル
このリレーは、走力だけでは勝てないことを世界に知らしめたことは大きい。
ただ、これからを見据えると個々の走力の底上げがないと連続メダルはない。

●松永共広(男子レスリング55キロ級)
その昔は、レスリングは日本のメダル量産種目だった。
それでも、今回もメダル、それも銀メダルを死守したその努力を称えたい。
オリンピック前はほとんどスポットライトを浴びていない種目だっただけに・・・・・。

あれこれ
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-24 10:54 | スポーツ観戦 | Comments(2)
2008年 08月 17日
やっぱり面白いオリンピック(中盤)
連日、手に汗にぎる闘いの連続でお盆休みもあっという間に終わってしまった。

●北島康介(200m平泳ぎ)
一番安心して見ていられた。
それにしても、ゴールした瞬間、一位とわかってもそれほど嬉しそうな顔をしなかった選手って、8冠のフェルプスと北島くらいだろう(笑)
前日、世界新での金メダルを宣言していただけに、ちょっと悔しさをにじませていたのか?
それにしても、2大会連続2冠「蛙王」(中国ではこう呼ばれているらしい)は偉大だ!
4×100mメドレーリレーでも銅メダルに輝く。
引退するらしいのが、ちょっと残念でもある。

●上野雅恵(柔道女子70kg級)
2大会連続の金メダルは立派。
同じ北海道生まれとしてなおさらうれしい。

●塚田真希(柔道女子78kg超級)
惜しくも銀メダル。 
負けても潔いコメントが聞けたのがなにより。

●石井慧(柔道男子100kg超級)
勝ちに徹した柔道が身を結んだ金メダル
ちょっとふてぶてしい態度が頼もしくもある。
まだ若いから次のオリンピックも期待しても良いかも?

●太田雄貴(フェンシング男子フルーレ)
今大会前、誰も予想していなかった快挙!
決勝こそ敗れたが、それまでのまさしく真剣勝負は、実にかっこよかった。
これで、フェンシングというスポーツが衆目を集める役割を果たせたことは銀メダル以上かも?

●内村航平(体操男子個人総合)
あん馬で2度落下する致命的な失敗をしてからの大逆転で銀メダルは本当に立派。
まだ19歳という若さゆえなのか、大舞台でも上がらない強心臓にも感心する。
次のロンドンでは間違いなくエースになっているだろう。

●吉田沙保里(レスリング女子フリースタイル55kg級)
無敵の王者でも、今回の金メダルの道のりは慎重だった。
1月の敗戦ショックから立ち直るために費やした努力はいかばかりか?
本人の涙がそれを物語っている。 
でも、終わった後の笑顔はやはり王者のもの。 次のロンドンで3連覇を期待していいかな?

●伊調馨(レスリング女子フリースタイル63kg級)
姉の千春が銀メダルに終わった後、金へのプレッシャーがより強くなったのは言うまでも無い。
それを跳ね返して手にした金メダルはアテネ以上の輝きだったに違いない。
決勝では、全く足が動かなかったのは、それまでの苦闘の疲れがとれていなかったらしい。
それほど過酷な競技だということか?

びっくりしたのは・・・
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-17 22:16 | スポーツ観戦 | Comments(6)
2008年 08月 15日
映画鑑賞記「スカイ・クロラ」
鑑賞日:08.08.14 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ

もう一度、生まれてきたいと思う?
b0070020_15222429.jpg


ストーリーと感想
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-15 15:34 | 映画は楽しい | Comments(2)
2008年 08月 13日
やっぱり面白いオリンピック(前半)
開催前から騒動が続いていた北京オリンピックだが、
ふたを開けてみたら、感動の連続。
選手たちの真剣勝負に心が揺り動かされる。

●北島康介(100m平泳ぎ)
準決勝では2位の記録だったので、金メダルは難しいと思っていたが、決勝の泳ぎは冷静そのもの。 一番ロスの少ないストローク数で泳ぎきって、驚異の世界新記録で金メダル
感動したのは、ライバルのハンセンが真っ先に北島ににじり寄って祝福したシーン。
さわやかだった。

●谷亮子(柔道女子48kg級)
ママになっても強い柔道を続けてきたヤワラちゃん。
準決勝での敗戦は痛かった。 
やはり年齢からくる体力の衰えは戦術までも消極的にしてしまったのだろうか?
でも、敗戦のショックを乗り越え、敗者復活決勝で一本勝ちしたのはさすが!
すがすがしい気持ちにしてくれた。

●内柴正人(柔道男子66kg級)
日本選手団最初の金メダル
常に攻撃的な柔道を続け、見ていても気持ちがいい。
彼の金メダルがどれだけ他の選手たちを勇気付けたことか?
後に続く選手たちがメダルを量産してくれることだろう。

●谷本歩実(柔道女子63kg級)
アテネからすべて一本勝ちで連続金メダル
特に決勝の内股は絵にも書けないくらい美しかった。
一本にこだわる柔道こそ、本場日本柔道の真髄ではないだろうか?
それにしても、彼女の笑顔が印象的だ。

●体操男子チーム(団体総合)
2連覇はならなかったが、圧倒的な強さを見せ付けた地元中国についでの銀メダルは立派。
エース富田の美しい体操演技には人を惹きつける何かがある。
次は個人戦で金メダルを狙ってもらいたい。

●オグシオ・スエマエ(バトミントン女子ダブルス)
小椋 久美子と潮田 玲子の美を備えたコンビの活躍からにわかに脚光を浴びた種目。
惜しくもオグシオはベスト8で姿を消したが、第一シードの中国ペアを破った前田 美順・末綱 聡子ペアにはなんとしてもメダルを取って欲しい。

ショックだったのは・・・・
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-13 09:32 | スポーツ観戦 | Comments(6)
2008年 08月 10日
東京湾大華火祭
今年もお台場に出没!

大会終了直後、豪雨に見舞われ、機材を濡らさないように必死に帰宅。

昨年よりは、多少撮影のコツをつかんだようだ。

1枚目!(クリックで拡大)
b0070020_23462781.jpg

2枚目!(クリックで拡大)
b0070020_2322491.jpg

Fireworks on the Tokyo bay

さらにつづく・・・・
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-10 23:53 | 撮影記 | Comments(6)
2008年 08月 10日
映画鑑賞記「ダークナイト」
鑑賞日:08.08.09 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ

最凶の敵が来る
迎え撃つ闇の騎士(ダークナイト)は?
b0070020_11533935.jpg


<ストーリー> (公式HPより引用)
 ジム・ゴードン警部補、地方検事ハーベイ・デントの力を借り、バットマンはゴッサム・シティの正義を守り、組織犯罪を根絶やしにするために立ち上がった。三人の結束は固く、活躍は続くが、そこに目を付けたのが台頭する悪の黒幕ジョーカー。彼はゴッサム・シティを混乱の坩堝に陥れていく。ダークナイトは英雄なのか、それともただの自警団員なのか、ジョーカーとの戦いの中、彼はその微妙な一線を越えてしまいかねないまでに追い込まれてしまう。

感想とおまけ
[PR]

by dosanko0514 | 2008-08-10 12:03 | 映画は楽しい | Comments(6)