<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2009年 01月 29日
札幌の老舗デパートまでもが・・・
今日のニュースで経営破たんしたことを知った。
丸井今井、再生法申請を発表 「伊勢丹に支援を要請」

20年前に住んでいた札幌では、「デパートと言えばマルイさん」が常識だった。

我が家も、何度も足を運んだことだろうか?
その後、本州資本のデパートにシェアを奪われ、商圏が札幌駅前に移ってしまい、起死回生を狙った大改装も不発に終わったようだ。
万事休す。

何とか、札幌の店は残っていて欲しい。
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-29 23:31 | ちょっと気になる | Comments(4)
2009年 01月 25日
映画鑑賞記「007/慰めの報酬」
鑑賞日:09.01.24 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

任務か復讐か・・・
b0070020_10415210.jpg
<ストーリー> (Cinemacafeより引用)
 愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイトを追及していくうち、その裏にある悪の組織の存在を知る。そこには、ラテンアメリカの一国の政府転覆と、秘められた天然資源を手にし、世界をコントロールしようとする陰謀が隠されていた…。復讐を果たすためには、テロリストやCIA、さらにはMI6に先んじて動かなければならないボンド。愛の復讐を誓ったボンドの孤独で壮絶な戦いがいま始まる! 

感想と余談(ネタバレあり)
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-25 10:44 | 映画は楽しい | Comments(4)
2009年 01月 23日
スピーチライター
この言葉も、オバマ大統領の就任演説でとても興味を持った。

ニュースによれば、この就任演説の原稿を書いたのが若干27歳の「ジョン・ファヴロー(Jon Favreau)」氏だと言う。

詳しくはWikipediaの記事を参照されたい。

それにしても、若くても、その才能をアピールできる場が開かれているアメリカは、やはりすごいと思うし、その才能を見出す眼力を備えているアメリカもすごい。
そして、年齢に関係なく、自分のスピーチライターとして迎え入れたオバマさんは、もっとすごい!
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-23 08:37 | ちょっと気になる | Comments(6)
2009年 01月 21日
アメリカ大統領バラク・オバマ就任(演説)
この日が、いづれ歴史的にも重要な出来事として語り続けられることを期待したい。

歴代の大統領の中で最低とまで言われたブッシュ政権からのチェンジ。

今まで、就任演説というものに興味が無かったが、オバマ大統領の演説には、彼のカリスマ性以上に、知性やゆるぎない信念が感じ取れる。(日本語訳で読んだ感想として・・・)

きっとアメリカ国民の多くが、今の閉塞した状況打破を彼のリーダーシップにゆだねているであろう。
ただ、オバマ大統領は、
「米国人一人ひとりが自分自身と自国、世界に義務を負うことを認識し、その義務をいやいや引き受けるのではなく喜んで機会をとらえることだ。」と言っている。
自らが変革に向けて行動すべきと・・・。

新政権の仕事が始まった。
まずは、「経済の立て直し」から始められるだろう。
アメリカ経済が回復しないと、日本はおろか世界中の国々が不況から脱却できない構造になっているから・・・。

個人的には、「環境」と「平和」に期待している。
前政権のこの分野での迷走ぶりには呆れかえっていたから、明るい道筋を示して欲しい。

じゃ、日本はどうかと言えば、自分の豊かな生活の事しか考えていない政治家ばかりで繰り広げられている国会の茶番劇がいつまで続くのやら・・・(汗)
生活の痛みなんてちっとも分かっていないだろうな。

しばらく、リンクが残っていると思うので、オバマ大統領の就任演説の英語版と日本語訳を残しておきたい。

就任演説(英語版)Yomiuri Online

就任演説(日本語訳)Yomiuri Online

就任演説(YouTubeより)

[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-21 08:47 | ちょっと気になる | Comments(4)
2009年 01月 18日
舞浜にて
いつも通勤電車から見ている風景だけど、なぜかいつまでたっても飽きない。
b0070020_10163131.jpg
特に、ここの夜のイルミネーションは、疲れた心を癒してくれる。
おそらく、このホテルを利用することはないだろうけれど、
内部の装飾は見てみたい。

もう一つ、このホテルの気になる部分がある。
b0070020_1019256.jpgここの頂上部分。




ズームしてみると・・・
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-18 10:21 | 撮影記 | Comments(8)
2009年 01月 16日
全員無事でなにより
「米旅客機、NYの川に不時着」
今朝、このニュースで飛び起きた。

ニュースによると、離陸直後に鳥の群れに突っ込んで、2機のエンジンともストップしたそうだ。
推力を失ったジェット旅客機を滑空させて不時着するためには、高度な操縦技術を要するらしい。
よくぞ、マンハッタンのビル群を避けてハドソン川にソフトランディングしたものだ!

あらためて、バードストライクの恐さを思い知った。
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-16 08:40 | ちょっと気になる | Comments(6)
2009年 01月 14日
アオジ
成人の日だった月曜日。
久しぶりに出かけた葛西臨海公園の野鳥園。
水鳥は少なかったけれど、アオジと接近遭遇。(クリックで拡大)
b0070020_23121536.jpg

冠羽が立っているのは、メスが近くにいるから?

この日の公園では・・・
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-14 23:24 | 野鳥観察 | Comments(2)
2009年 01月 11日
映画鑑賞記「チェ 28歳の革命」
鑑賞日:09.01.10 鑑賞場所:シネプレックス幕張

かつて、本気で世界を変えようとした男がいた。
b0070020_22445828.jpg


<ストーリー> (Cinemacafeより引用)
 “20世紀最大のゲリラ”や“赤いキリスト”と称され、TシャツからPOPアイコンまで、いまなお語り続けられているチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。医者として旅をしながら貧者を助けようとしたチェ・ゲバラは、フィデル・カストロとの運命的な出会いによって、自らの人生の矛先を変える。それは、たった12人で独裁政権の国・キューバを革命するという、無謀な闘いの始まりだった――。28歳の若さでキューバ革命に着手し、それを成し遂げるまでを描いた真実の物語。
b0070020_2246088.jpg


感想と余談
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-11 22:47 | 映画は楽しい | Comments(4)
2009年 01月 10日
D1 GRAND PRIX
近所の幕張メッセで開催中の「オートサロン2009」。

朝、鳥を撮影しようと思って近所を通りかかったら、甲高いエキゾーストノーズとタイヤの鳴る音が気になった。

近づいてみたら、メッセの業務用駐車場内で、クルマのドリフトを競う大会が開かれていた。
入場券が無いと近づけないのだけれど、隙間から狙うことができた。
おまけに望遠をつけてるし・・・(笑)
b0070020_1611214.jpg


もう一枚
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-10 16:15 | スポーツ観戦 | Comments(2)
2009年 01月 05日
メジロ
近所を散歩していたら、メジロが目の前の木にとまっていた。(クリックで拡大)
b0070020_2251295.jpg

いつもは、レンズを向けるタイミングで逃げられてしまうのだが・・・。
なぜか、人を恐がらない。

もう一枚
[PR]

by dosanko0514 | 2009-01-05 23:03 | 野鳥観察 | Comments(6)