<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 31日
あわただしい出張
29日、急に札幌へ呼び出され、ドタバタした1泊の出張だった。
ことの発端は公表できないけれど、久しぶりの札幌なのでワクワクしながら飛び立った。

この季節、札幌と東京の気温差は10度はあるのだが、29日は最高気温が15度近くあったので、コート悩んだけれど持たずに行った。
しかし、30日の午後は冷たい北風が吹き荒れ、外を歩くと身震いする寒さだった。

おまけに、北海道は新型インフルエンザが大流行している。
罹った社員もいるくらいで、用心のためマスクをしていったが、街中やオフィス内ではあまりマスク姿がいなかったので、拍子抜け。
「なるようになれ」、道産子気質の表れか(笑)

帰り、空港で空弁を食す。
カニがいっぱいのお弁当、ちと高かったけれど美味。
b0070020_9253423.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-31 09:25 | Comments(2)
2009年 10月 26日
映画鑑賞記「沈まぬ太陽」
鑑賞日:09.10.26 鑑賞場所:シネプレックス幕張

30年間、企業の不条理に翻弄されても絶対に諦めなかった男
仕事とは、家族とは、人生とは・・・
魂が、震える

<ストーリー> (Cinemacafeより引用)
 昭和30年代。巨大企業・国民航空に務める恩地元(渡辺謙)は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命ぜられる。家族との長年にわたる離れ離れの生活で焦燥感と孤独に追いつめられ、本社への復帰を果たした後も不遇な日々は続く。そんな中、航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こる。救援隊として現地に赴いた恩地は、誰も経験したことがない悲劇に直面し、苦悩する。政府の要請により新会長の会長室部長に抜擢された恩地は、組織の建て直しを図るべく動きはじめるが、それは終わりなき暗闘の始まりだった…。
b0070020_20594053.jpg


感想と余談
[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-26 21:01 | 映画は楽しい | Comments(2)
2009年 10月 26日
大学祭
寒い日曜日だったけど、息子の通う大学で開催されているお祭りに行ってきた。
b0070020_7515955.jpg
2度目だったので、もっと学内研究の発表を見ようと思い、構内を回ってみた。
7月の皆既日食を中国に遠征して観測に成功したグループの発表は面白かったな。

b0070020_85055.jpg
さすが、ロボット作りはお手の物。
次は、もっと進化したモノを期待しよう。


b0070020_852097.jpg
環境に関する研究にも力を入れている。
ヒートアイランド現象を軽減するために、都市の緑化をシミュレーションできるCADシステムとか、川や湖の水質を少ない観測点で、全体像をシミュレーションする研究などがあったけど、ボクには理解不足だった(苦笑)

息子は、相変わらずサークルのステージで頑張っていたけど、なにやら、合間に話し込んでいた女の子が気になるなあ?
[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-26 08:06 | 自分メモ | Comments(0)
2009年 10月 22日
コカマキリ
ドタバタしていたのと、ネタ不足に陥っていてずっと投稿できなかったけど。

ちょっと前に撮影したコカマキリに登場願おう。
b0070020_212657.jpg

ちょっと小型だけれど、凄みはある。
キレイなコスモスに潜んで、気がつかずに寄ってきた昆虫を捕らえる。
b0070020_21272758.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-22 21:29 | 撮影記 | Comments(4)
2009年 10月 11日
CEATEC2009
10日の土曜日、地元幕張メッセで開催されている「CEATEC」に行ってきた。
今年のCEATECは、ニュースでは取り上げられているが、「目玉」となる画期的な技術の発表は少なかった。そのためか、会場の人出は今ひとつといった感じ。

そんな中、2時間であちこちのブースを回ってみた。b0070020_11225040.jpg
日産自動車のブースでは、「EPORO」というロボットがデモを行なっていた。
なんでも、魚群のルールをプログラムしたそうな。
周囲との間隔を認識して、障害物を回避する魚の持っている能力を応用したもの。
将来のクルマはこんな技術が使われて、行きたい場所を指定するだけで、勝手に目的地に連れて行ってくれるかも?

テレビも進化している。
今年は、あちこちのメーカーで3Dで見られるテレビを発表していた。
b0070020_1123723.jpgSONYのブースでは、実際に特殊なめがねをつけたデモを行っていたので、列に並んで体験した。
写真では二重に見えているがめがねを付けると立体的に見えて面白い。
ただ、デジタルで映像処理をしているため、モノそのものには奥行きを感じられず、長く観ていると頭が痛くなってきた。映像慣れしていないための一種の船酔いに似ている。

いつも楽しみなのが、村田製作所のブース。
一昨年の「ムラタセイサク君」、昨年の「ムラタセイコちゃん」の発表にワクワクしたものだったが、
今年は、「ムラタセイコちゃん」のバージョンアップだけだった。
まあ、昨年のリーマンショックで業績がかなり悪かったと聞いていたので、ここに出展するだけでもたいしたものだと思う。
b0070020_11232689.jpg
バージョンアップしたセイコちゃん、一輪車でクルリと回ったり、幅1cmの平均台を走ったりと、人間にもなかなかできないワザを披露してくれた。
日本の技術力が結集しているな、と改めて感心する。
[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-11 11:23 | ちょっと気になる | Comments(2)
2009年 10月 10日
映画鑑賞記「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」
鑑賞日:09.10.10 鑑賞場所:シネプレックス幕張

太宰治 生誕100年。 
ある夫婦をめぐる「愛」の物語。

b0070020_22223072.jpg

<ストーリー> (Cinemacafeより引用)
 戦後の混乱期。酒飲みで多額の借金をし、浮気を繰り返す小説家の大谷(浅野忠信)。夫が飲み屋・椿屋で踏み倒した酒代を肩代わりするため、妻の佐知(松たか子)はそこで働くことに。水を得た魚のように、生き生きと働く佐知の美しさと明るさに惹かれて、椿屋はたちまちお客でいっぱいになる。やがて、彼女に好意を寄せる真面目な工員・岡田(妻夫木聡)や、かつて想いを寄せていた弁護士の辻(堤真一)などが現れ、心揺れる佐知。そんな中、大谷はバーの女・秋子(広末涼子)と姿を消してしまう…。

感想(ネタバレあり)
[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-10 22:25 | 映画は楽しい | Comments(2)
2009年 10月 07日
猛烈台風がやってくる
10月だというのに、こんなに強い台風が上陸しようとは・・・。
コースが伊勢湾台風と似ているのが気になる。

被害が大きくならないことを祈るのみ。
b0070020_2144475.gif

関東地方も明日の午前が大荒れになる予想。
早くも京葉線は間引き運転が発表された。

というか、朝、家から出られるのだろうか?

追伸(10/8追記)
[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-07 21:45 | ちょっと気になる | Comments(8)
2009年 10月 07日
オオスカシバ
ずっと気になっていたこれが、蛾の仲間だったとは・・・。
b0070020_220833.jpg

ホバリングしながら花の蜜を吸う姿は、「ハチドリ」のよう。

b0070020_2213662.jpg


これは、なかなか可愛い。
[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-07 20:55 | 撮影記 | Comments(2)
2009年 10月 01日
キオビツヤハナバチ
見た目、スズメバチに見えたので、一瞬腰が引けたが、夢中で蜜を探す姿に、ハナバチの仲間と見た。
b0070020_2383425.jpg

でも、無用心に触ると一刺しがあるので、要注意!
b0070020_2392055.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2009-10-01 23:09 | 撮影記 | Comments(2)