<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2009年 12月 31日
2009年の映画鑑賞を振り返る
大晦日恒例(笑)、
ボクが観た映画の中で総括を行う記事。
今年、2009年に劇場鑑賞した本数は、昨年より4本少ない23本。 
夏に鑑賞できた作品が少なかったのが原因だが、この時期自分自身大変だったこともあるし・・・。

それでは、ボクが選んだBEST5を挙げたい。b0070020_13522635.gif



第5位061.gif
ディア・ドクター」(7月鑑賞)
村で唯一の医者がニセだった。単純にニセだから良い/悪いと言えない今の過疎地の医療制度を西川美和監督は見事に娯楽作品に仕上げた。 キャストの演技力にも拍手。
ただ、日本映画はこれが最高点。 今年は不作だといわざるを得ない。

第4位061.gif
カールじいさんの空飛ぶ家」(11月鑑賞)
やっぱりPIXARスタジオは良いアニメ映画を作る。
絵とか技法だけではなく、映画はストーリーで決まる。
オリジナリティではぴか一。

第3位061.gif
グラン・トリノ」(5月鑑賞)
正直、これを一番にしたかった。(上位が別格であるがため)
アメリカ人よ、こうなって欲しいと思う作品だ。
悪に対する西部劇的な解決を避け、あのイーストウッド監督が出した答。 あの瞬間に心が洗われる気がした。

第2位061.gif
マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」(11月鑑賞)
今年を語る上では絶対に欠かせない、“King Of Pop”マイケルの死。
死の直前までコンサートのリハーサルを繰り返していた日々を、マイケルの名曲に載せて伝えてくれた。
観てからというもの、何か、音楽の大切さが一層増してきた感じがする。

そして、映えある
第1位004.gif
アバター」(12月鑑賞)
SF映画の中でも「2001年宇宙の旅」、「スターウォーズ」と並び称される一大変革をもたらす作品になる。
これからの映画の主流は3Dに移行することを決定付けた。それほど素晴らしい出来栄えだった。
日本にとってこの3Dは、薄型テレビの世界で再び世界をリードできる独占技術でもある。
ますます来年以降の映画界が楽しみになってきた。

今年は、いろいろと変化が始まった年。
日本映画は興行成績はそれなりに良かったかも知れないが、テレビの延長だったり、コミックとのタイアップだったりと、観たいと思った映画が少なかったのが残念。

惜しくもBEST5入りは果たせなかったが、ボクのオススメ作品は?

ベンジャミン・バトン 数奇な人生・・不思議な映画だけど、現実に起こっているような錯覚がした
ウォッチメン・・・奇想天外だったけど、結構楽しめた
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~・・・昭和の香りがぷんぷんした良い作品
沈まぬ太陽・・・すごい大作だった。ただし、豪華な俳優陣の割りにセットの造りが今一つ。

観た中でのワーストは?
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-31 13:43 | 映画は楽しい | Comments(4)
2009年 12月 30日
映画鑑賞記「アバター(AVATAR)」
鑑賞日:09.12.29 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

もうひとつの体。もうひとつの運命。
b0070020_11332165.jpg

<ストーリー> (公式HPより引用)
 22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで《アバター・プロジェクト》に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体《アバター》を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、《アバター》を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく......。

感想(★★★★★)
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-30 11:38 | 映画は楽しい | Comments(8)
2009年 12月 29日
仕事納め
やっと終わった2009年のお仕事。

数年間たずさわった人事の仕事は今日が最後。
来年からは違ったフィールドで、自分の活躍の場を探すことになる。

今まで使ってきたPCを後任者に引き継ぐために、朝から初期化作業・・・(汗)
簡単に思っていたが、HDを暗号化していたため解除したりバックアップをとったりと大変だった。

さてと、これから夕飯食べて、映画でも観に行って年忘れといきたいところだ!
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-29 18:40 | Comments(2)
2009年 12月 27日
お台場にある昭和の街?
レインボー・ブリッジの撮影の合間、
外がちょっと寒かったので、デックス東京ビーチの中に入った。
そこで目にしたのは?(クリックで拡大)
b0070020_2292420.jpg
今はほとんど残っていない丸い郵便ポスト。
そして、
昭和30年代を思わせる居間の風景。
b0070020_22131922.jpg
懐かしいモノがたくさん見える。
そう、ここは「台場一丁目商店街」。
昭和30年代の東京をコンセプトに、おもちゃ屋や食堂、駄菓子屋、写真館などが再現されている。

もう一枚
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-27 22:17 | ちょっと気になる | Comments(4)
2009年 12月 27日
レインボー・ブリッジ
土曜日のお台場は、カップルが多かった(当然のことながら・・・汗)
その多くがこのレインボーに彩られた橋をバックに写真を撮る。
(クリックで拡大)
b0070020_17272082.jpg

ボクのオフィスからも虹色のレインボーブリッジが見えるのだが、どうしてもお台場から撮ってみたくて足を運んだ。
別の場所からももう1枚。
b0070020_17291569.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-27 17:30 | 撮影記 | Comments(2)
2009年 12月 26日
未遂とは言え・・・
クリスマスのアメリカで起こったデルタ航空機爆破未遂事件。
9.11以来の大きな航空機テロになるところだった。
(9.11の年に別の未遂事件があったようだが・・・・)

まだアルカイダは一定の勢力があるのだろう。
爆破の実行犯は捕まったが、爆破の指示をした人物(グループ)を拘束しないと、安全上の不安は高いままだ。

それにしても、あれだけ空港での検査が厳しくなったのに、爆発物が持ち込めたというのは問題だなぁ~。
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-26 23:13 | ちょっと気になる | Comments(2)
2009年 12月 23日
銀座のクリスマス
もうすぐクリスマス。
年賀状の印刷も先ほど済ませ、これから一足早いクリスマス・パーティに。

11月に撮っておいた銀座ミキモトの写真を掲載しよう。
b0070020_14275622.jpg
Merry Christmas!

こちらの写真も
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-23 14:28 | 撮影記 | Comments(4)
2009年 12月 21日
汐留のイルミネーション
昨年も、その美しさに魅せられたイルミネーションがバージョンアップ♪
(クリックで拡大)
b0070020_23121028.jpg
今年は近くに団体旅行のバスが多く止まっている。
おまけに、撮影スポットに人だかりが・・・・(汗)
去年は数人しかいなかったのに。

汐留には、他にも
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-21 23:16 | 撮影記 | Comments(4)
2009年 12月 20日
映画鑑賞記「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
鑑賞日:09.12.20 鑑賞場所:シネプレックス幕張

待っててくださいね先輩。
今すぐ追いつきますから。

b0070020_23191642.jpg

<ストーリー> (Cinemacafeより引用)
 プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋(玉木宏)は、エリーゼ(吉瀬美智子)の差し金で、若き日のシュトレーゼマン(竹中直人)が指揮を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となる。だが、大雑把すぎる演奏に全くやる気のないオケの態度を目の当たりにして、千秋は愕然とし、失意のどん底に…。一方、のだめ(上野樹里)は、コンセルヴァトワールの進級試験を終え、練習に励む毎日。そんな中、転入してきた孫Rui(山田優)が千秋の次の公演で一緒に手を組むことに。落ち込むのだめだったが、千秋を気遣い、健気に振舞う。そして準備不足の中、マルレ・オケの公演の日がやってくる――。

感想(★★★★☆)とおまけ
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-20 23:23 | 映画は楽しい | Comments(5)
2009年 12月 18日
シャボン玉?
この間、近くの芝生公園を散歩していたら、面白い光景を見つけた。
b0070020_23464328.jpg
よく見るシャボンよりかなり大きい!
子供たちが風に流れていくシャボン玉を追いかけていく・・・・。
b0070020_23481663.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-18 23:49 | 撮影記 | Comments(2)