<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012年 01月 29日
寒い浜から見た夕陽
今日も寒かった。
北風も強かったので、自転車のハンドルを握る指は、手袋をしてもすぐに感覚がなくなるくらいだった。
それでも・・・、今の季節、空気が澄んでいるので夕暮れの風景がきれいに撮れる。
b0070020_2050476.jpg
オレンジに輝く夕陽に船のシルエット。
b0070020_2050555.jpg
対岸は羽田空港だが、ちょっと浮いて見える。
[PR]

by dosanko0514 | 2012-01-29 20:55 | 撮影記 | Comments(2)
2012年 01月 28日
映画鑑賞記「ALWAYS 三丁目の夕日'64」
鑑賞日:12.01.27 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

どんなに時代が変わっても、夢があるから、前を向ける。

b0070020_2223352.jpg

<ストーリー> (GOO映画より引用)
 昭和39年(1964年)。オリンピック開催を控えた東京は、ビルや高速道路の建築ラッシュとなり、熱気に満ち溢れていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、5年前と変わらず、個性豊かな住民たちが元気に暮らしていた。小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、ヒロミ(小雪)と結婚し、高校生になった古行淳之介(須賀健太)と3人で仲良く生活している。茶川商店の一角は改装され、ヒロミがおかみを務める居酒屋「新山藤」となった。ヒロミは身重で、もうすぐ家族が一人増える様子。だが茶川は「冒険少年ブック」の看板作家として連載を続けているが、新人小説家の作品に人気を奪われつつあった。編集者の富岡(大森南朋)から「もっと新しい雰囲気で」と言われ、茶川はますますスランプに陥っていく。一方、鈴木則文(堤真一)とその妻・トモエ(薬師丸ひろ子)、一人息子の一平(小清水一揮)、住み込みで働く星野六子(堀北真希)が暮らす鈴木オートは、順調に事業を拡大し、店構えも立派になった。六子にも後輩の従業員ができ、厳しく指導をする姿はすっかり一人前。彼女無しでは鈴木オートの仕事は回らないほどであった。そんな六子は、毎朝おめかしをして家を出て行く。それは、通勤途中の医者・菊池孝太郎(森山未來)とすれ違い、朝の挨拶をかわすためだった。六子のほのかな恋心を温かく見守るのは、大田キン(もたいまさこ)。そして小児科医・宅間史郎(三浦友和)は、今日も町の人のために診療を続けている。そんな折、茶川が隠していた、とある電報をヒロミが見つけてしまう……。

感想(☆☆☆☆★)
[PR]

by dosanko0514 | 2012-01-28 22:26 | 映画は楽しい | Comments(2)
2012年 01月 15日
レースカーいろいろ
幕張メッセで開催されている東京オートサロンでレースカーのデモがあると聞いて、午前中にでかけてみた。
寒かったけれど、面白いクルマを撮ることができた。
レクサスのGTレース仕様
b0070020_15225048.jpg

ニッサン リーフのレース仕様
b0070020_15225175.jpg

リーフといえば、電気自動車。当然、排気音はしない。
b0070020_15225193.jpg

それでも、タイヤスモークを上げて疾走するのはすごい!
b0070020_15225270.jpg

スバル インプレッサのラリー仕様
b0070020_15225282.jpg
ドライバーはあの新井さん。

トリは、マツダ ル・マン優勝車
b0070020_1523275.jpg

ドライバーは当然、寺田陽次郎。
b0070020_1523358.jpg
マツダ本社に展示していたクルマをメカニックがレストアしたそうだ。
また、本社に飾るそうなので、この雄姿が見られるのは最後かもしれない。
[PR]

by dosanko0514 | 2012-01-15 15:30 | 撮影記 | Comments(2)
2012年 01月 02日
映画鑑賞記「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
鑑賞日:12.01.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

世界を救うのはもう彼しかいない

<ストーリー> (cinemacafe.netより)
 ロシアのクレムリンで爆破事件が発生し、その容疑がIMF(極秘スパイ組織・不可能作戦班)のイーサン・ハントとそのチームにかけられる。米大統領は政府が事件に関与した疑いを避けるため、「ゴースト・プロトコル(架空任務)」を発令、イーサンチームはIMF から登録を抹消されてしまう。国や組織という後ろ盾を失ったまま、事件の黒幕を追い、さらなるテロを未然に防ぐべく、彼らは黒幕たちの取引の現場、世界一の高さと最新のセキュリティを誇るドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファへの侵入を試みる。だが、幾重にも張り巡らされた罠と、よぎる裏切りの影が…。次第に明らかになるミッションの“真の目的”とは――。
b0070020_21392675.jpg


感想(☆☆☆☆★)
[PR]

by dosanko0514 | 2012-01-02 21:37 | 映画は楽しい | Comments(2)
2012年 01月 01日
Happy New Year 2012
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
b0070020_939352.jpg

[PR]

by dosanko0514 | 2012-01-01 09:39 | ごあいさつ | Comments(4)