タグ:映画 ( 196 ) タグの人気記事

2011年 05月 04日
映画鑑賞記「まほろ駅前多田便利軒」
鑑賞日:11.05.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

カムバック、しあわせ

<ストーリー> (cinemacafe.netより引用)
 東京郊外のまほろ市で便利屋を営む多田啓介(瑛太)は、頑固な程に真面目でしっかり者。そんな多田の下に転がり込んできた高校の同級生、行天春彦(松田龍平)は、飄々としてつかみどころのない変わり者。共にバツイチ、三十路の2人は、便利屋稼業を始めることに。次から次へと訪れるくせ者たちへの行き過ぎたアフターケアにより他人の人生に巻き込まれていく彼らだったが、やがて自らの過去と向き合うことになる――。
b0070020_10211653.jpg


感想(☆☆☆☆)
[PR]

by dosanko0514 | 2011-05-04 10:22 | 映画は楽しい | Comments(4)
2011年 03月 02日
映画鑑賞記「英国王のスピーチ」
鑑賞日:11.03.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

スピーチができない男が、国王になった…。

<ストーリー> (公式HPより引用)
 幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、自分を否定しながら生きてきた男がいる。内気な性格から人前に出ることが最も苦手なこの男が、国王になってしまった。“王冠を賭けた恋”のために王位を捨てた兄の代わりに、望まぬ座に着いたジョージ6世、現在の英国女王エリザベスの父だ。
 何人もの言語聴覚士の治療を受けても一向に改善しない夫を心配して、妻のエリザベスはスピーチ矯正の専門家ライオネルを訪ねる。堅く閉ざされた心に原因があると気付いたライオネルは、独自の治療法とその率直な性格で、王の気持ちを解きほぐしていく。折りしもヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされ、揺れる国民は王の言葉を待ち望んでいた。王は国民の心を一つにするべく、渾身のスピーチに挑むのだが・・・。
b0070020_21372984.jpg


感想(★★★★★)
[PR]

by dosanko0514 | 2011-03-02 21:38 | 映画は楽しい | Comments(2)
2011年 02月 28日
第83回アカデミー賞
アメリカ映画界最大の祭典が行われたようだ。

今年のオスカーは誰の手に?

Cinema Previewよりデータを入手したので、確認しよう。

主要6部門のノミネートは以下の通り。(オスカーは★印で)

◆最優秀作品賞[Best Motion Picture of the Year]
 「ブラック・スワン」("Black Swan")
 「ザ・ファイター」("The Fighter")
 「インセプション」("Inception")
 「キッズ・オールライト」("The Kids Are All Right")
★「英国王のスピーチ」("The King's Speech")
 「127時間」("127 Hours")
 「ソーシャル・ネットワーク」("The Social Network")
 「トイ・ストーリー3」("Toy Story 3")
 「トゥルー・グリット」("True Grit")
 "Winter's Bone"

◆最優秀監督賞[Achievement in Directing]
 ダーレン・アロノフスキー(「ブラック・スワン」)
 デヴィッド・O・ラッセル(「ザ・ファイター」)
★トム・フーパー(「英国王のスピーチ」)
 デヴィッド・フィンチャー(「ソーシャル・ネットワーク」)
 ジョエル&イーサン・コーエン(「トゥルー・グリット」)

◆最優秀主演男優賞[Performance by an Actor in a Leading Role]
 ハヴィエル・バルデム(「ビューティフル」)
 ジェフ・ブリッジス(「トゥルー・グリット」)
 ジェシー・アイゼンバーグ(「ソーシャル・ネットワーク」)
★コリン・ファース(「英国王のスピーチ」)
 ジェイムズ・フランコ(「127時間」)

◆最優秀主演女優賞[Performance by an Actress in a Leading Role]
 アネット・ベニング(「キッズ・オールライト」)
 ニコール・キッドマン("Rabbit Hole")
 ジェニファー・ローレンス("Winter's Bone")
★ナタリー・ポートマン(「ブラック・スワン」)
 ミシェル・ウィリアムズ(「ブルーバレンタイン」)

◆最優秀助演男優賞[Performance by an Actor in a Supporting Role]
★クリスチャン・ベイル(「ザ・ファイター」)
 ジョン・ホークス("Winter's Bone")
 ジェレミー・レナー(「ザ・タウン」)
 マーク・ラファロ(「キッズ・オールライト」)
 ジェフリー・ラッシュ(「英国王のスピーチ」)

◆最優秀助演女優賞[Performance by an Actress in a Supporting Role]
★エイミー・アダムス(「ザ・ファイター」)
 ヘレナ・ボナム・カーター(「英国王のスピーチ」)
 メリッサ・レオ(「ザ・ファイター」)
 ヘイリー・スタインフェルド(「トゥルー・グリット」)
 ジャッキー・ウィーバー ("Animal Kingdom")


「英国王のスピーチ」が主要部門を独占して、圧勝だった。
「ソーシャルネットワーク」は、アカデミー会員にはちょっとなじまなかったのかな?
「インセプション」も視覚部門でオスカー獲得。

「英国王のスピーチ」はもうすぐ観にいく予定。
[PR]

by dosanko0514 | 2011-02-28 21:40 | 映画は楽しい | Comments(2)
2011年 02月 26日
映画鑑賞記「毎日かあさん」
鑑賞日:11.02.25 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

一度すきになった人をきらいになるのはむずかしい

<ストーリー> (cinemacafe.netより引用)
わんぱく盛りの2人の子供の母親・サイバラ。漫画家として活躍したくましい生活を送る一方、元戦場カメラマンの夫は後遺症によるアルコール依存症と格闘中で、同じ失敗ばかり。やがてふたりは離婚。失った家族の大切さを痛いほど知った夫は、懸命に治療を続ける。しかし今度はガンが発覚…。「好きになったひとをきらいになるのはむずかしい」――長く生きれない夫を、サイバラは再び家族として受け入れる決意をする。そして家族4人の束の間の幸せな日々が始まって…。
b0070020_17425282.jpg


感想(★★★★)
[PR]

by dosanko0514 | 2011-02-26 17:50 | 映画は楽しい | Comments(4)
2011年 01月 23日
映画鑑賞記「ソーシャル・ネットワーク」
鑑賞日:11.01.22 鑑賞場所:シネプレックス幕張

天才
裏切者
危ない奴
億万長者

b0070020_16141534.jpg

<ストーリー> (cinemacafe.netより引用)
反抗的な性格の持ち主ながら頭の回転が速く天才肌のマーク・ザッカーバーグはある日、ハーバード大学内で注目を集めるため、親友のサベリンとある計画を立てる。インターネット業界伝説の男、シアン・パーカーに導かれ、2人が始めたソーシャル・ネットワーキング・サービス「Facebook」はアイヴィー・リーガーたちの絶大な支持を受け、やがて社会現象を巻き起こすまでに! 彼らは一躍有名になったが、気がつくと人間関係という直接的な愛憎の渦に巻き込まれていた…。

感想(★★★★☆)
[PR]

by dosanko0514 | 2011-01-23 16:17 | 映画は楽しい | Comments(4)
2010年 12月 31日
2010年の映画鑑賞を振り返る
大晦日恒例の・・・、ボクが観た映画の中で総括を行う記事。
今年、2010年に劇場鑑賞した本数は、昨年より2本少ない21本。

ボクが選んだBEST5を挙げたい。 

第5位
第9地区」(4月鑑賞)
舞台が南アフリカというのが新鮮だった。
それに、宇宙人が何とも頼りなかったのも新鮮だったし、ラストの逆襲が意外性があった。

第4位
「十三人の刺客」(11月鑑賞)・・・鑑賞記未アップ
チャンバラ映画の王道みたいな展開だったが、何せ、痛快だった。
斬って斬って斬りまくる、それだけではなかったところも良かった。

第3位
トイ・ストーリー3」(7月鑑賞)
泣かせるPIXARアニメに参った。
たかが、子供のおもちゃのドタバタだと思ったら大間違い。
人間以上に情を持ち、仲間を思い、命を投げ出すその勇気に、気がついたら涙が出てきた。

第2位
最後の忠臣蔵」(12月鑑賞)
日本の歴史を語る上で欠かせない「忠臣蔵」。
その四十七士とは違った生き方をした二人の浪士を描いていたが、大石蔵之助の子を守り続ける使命を守り続ける男の生き様と、育てられた娘の微妙な心のふれあいに涙した。
役所広司は今年のBEST ACTORだ。

第1位
インセプション」(8月鑑賞)
監督・脚本のクリストファー・ノーランの魔術に見事にはまった。
彼の描き出す、夢の世界に完全にトリップしてしまった。
アイデアだけでもすごいが、映像のディテールがすごい。
これからの彼の作品にも注目し続けたい。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-12-31 22:39 | 映画は楽しい | Comments(0)
2010年 12月 23日
映画鑑賞記「最後の忠臣蔵」
鑑賞日:10.12.23 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

往き尽くす。
その使命を、その大切な人を、守るために。

b0070020_2320560.jpg

<ストーリー> (cinemacafe.netより引用)
赤穂浪士の討ち入りから16年。大石内蔵助以下赤穂浪士47名全員が切腹し、事件は解決したかと思われたが生き延びた男がいた。名は寺坂吉右衛門。生き延びて戦さの生き証人となるよう大石内蔵助命じられていたのだ。討ち入り浪士の遺族を援助する任務も無事果たした吉右衛門は、偶然にも盟友である瀬尾孫左衛門と再会する。討入りの前日に逃亡した孫左衛門、彼にもまた別の使命が与えられていた――。

感想(★★★★★)
[PR]

by dosanko0514 | 2010-12-23 23:21 | 映画は楽しい | Comments(6)
2010年 12月 19日
映画鑑賞記「トロン:レガシー」
鑑賞日:10.12.18 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

世界はトロンに飲み込まれる

<ストーリー> (cinemacafe.netより引用)
デジタル業界のカリスマとして名を馳せたエンコム社のCEO、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)の謎の失踪から20年。ある日、成長した息子サム(ギャレット・ヘドランド)は父からの謎のメッセージに導かれて、コンピューターの中の世界に入り込んでしまう。 そこは、父が創造した"理想の世界"──だが、今やクルーという独裁者がすべてを支配していた。命を狙われたサムは、クオラという女性に救出される。はたして父の行方は? そして、人類の存亡を脅かすこの世界の秘密とは…?
b0070020_17413795.jpg


感想(★★★★)
[PR]

by dosanko0514 | 2010-12-19 17:46 | 映画は楽しい | Comments(5)
2010年 12月 04日
映画鑑賞記「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
鑑賞日:10.12.03 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

必ず、生きて還る
b0070020_2136495.jpg


<ストーリー> (公式HPより引用)
外宇宙に突如現れた正体不明の敵・ガミラスが、地球への侵攻を開始した。世界各国は全戦力を結集して防衛に当たったが、全軍、壊滅。ガミラスによって投下された無数の遊星爆弾で、人類の大半は死滅してしまった。それから5年後、2199年。地球は遊星爆弾の放射能で汚染され、いまや滅亡の時を迎えようとしていた。わずかに生き残った人々は地下へ逃れ、絶望の中で暮らしている。その中には、かつて地球軍のエース・パイロットとして戦った古代進の姿もあった。古代は、ガミラスの攻撃で家族を失った哀しみから立ち直ることができず、軍を退いていたのである。
そんなある日、地球に未確認物体が落下してきた。それは銀河系の彼方、14万8千光年先にある惑星・イスカンダルから放たれた通信カプセルであった。カプセルの情報によると、イスカンダルには放射能を浄化できる装置が存在するという。それは人類にもたらされた最後の希望であった。地球防衛軍は最後の宇宙戦艦【ヤマト】を建造し、イスカンダルへの派遣を決定した。そして、戦場への復帰を決意した古代は、ヤマトへの上官を志願する。地球滅亡まであと1年。ヤマトの壮絶なる戦いの旅が、いま、始まった。

感想(★★★★)
[PR]

by dosanko0514 | 2010-12-04 21:38 | 映画は楽しい | Comments(8)
2010年 11月 20日
映画鑑賞記「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」
鑑賞日:10.11.19 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

史上最強のファンタジー、ついに完結

<ストーリー> (cinemacafe.netより引用)
ヴォルデモートの不死と抹殺の鍵である“分霊箱”を見つけるべく旅に出たハリー(ダニエル・ラドクリフ)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)、ロン(ルパート・グリント)。ホグワーツの先生たちからの指導も、ダンブルドア校長の保護もないいま、3人には互いを信頼し合うことが必要になるのだが、旅は困難を極める。そして彼ら自身の中に潜む闇の力が3人の絆を亀裂が生じることに――。
b0070020_1035441.jpg


感想(★★★★☆)
[PR]

by dosanko0514 | 2010-11-20 10:37 | 映画は楽しい | Comments(2)