2009年 02月 23日
これはちょっとな~
気になるニュースがあった。

asahi.comの記事「トヨタ車以外で通勤する人は手当半額 豊田の部品会社」より
 トヨタ車に乗らないなら半分で我慢して――。トヨタ自動車の“おひざ元”愛知県豊田市の部品会社が、トヨタ車以外で通勤する従業員の手当を半額にした。会社はトヨタの取引先だが、資本関係はない。担当者は「うちはトヨタで成り立っている。自主的に協力した」と説明している。
 この会社によると、1月に社内規定を変更し、自家用車で会社に通う従業員に支給していた通勤手当を「トヨタ系列」と「トヨタ系列以外」の二つに分割。トヨタ自動車、ダイハツ工業、日野自動車の3社の車に乗る従業員にはこれまでの金額を支払う一方、それ以外のメーカーの車に乗る従業員は半額とした。以下省略

社内規定を不利益な方向で改正する場合、組合員代表あるいは従業員代表から同意を得る必要があるのだが、同意したのだろうか?
もし、一方的ならば、「不利益変更」に当たると思う。
どのような自動車を所有するかは、従業員の自由であるはず。
特に系列でもないのだから・・・。

差別行為ともとられかねないが、果たして?
[PR]

by dosanko0514 | 2009-02-23 12:49 | ちょっと気になる


<< 快挙!「おくりびと」がオスカー獲得      コゲラ >>