2009年 08月 06日
高速道路無料は地球温暖化対策に逆行?
総選挙が近い中、気になるマニュフェストがある。

asahi.comの記事より、 
民主党が総選挙のマニフェストに掲げている高速道路料金の無料化とガソリン税など自動車関連の暫定税率廃止の公約について、気候ネットワーク(京都市)など環境NGO10団体が5日、「二酸化炭素(CO2)の排出を増加させ、地球温暖化対策に逆行する」として反対する声明を出した。
ETC割引で1000円となっているお盆シーズンの高速道路の交通量予想でも、昨年より増えると見られている。
つまり、それだけ二酸化炭素が多く排出されること。
比較的少ない鉄道はその分利用者が減るという。

政治家というのは、有権者が喜ぶ公約を並べるだけではなく、未来の国民生活にも責任を持つべきだ。
その意味では、高速道無料化は撤回すべき。




とは言え、現政権が出すマニュフェストは、ほとんど役人の作文にしか見えないから、話にならない。

一番期待していることは、今の日本には多すぎる公務員を減らして、無駄な税金を使わせないこと。
ヤミ専従問題でマスコミを賑わす農水省、国交省などは、大ナタをふるってリストラしないことには!
[PR]

by dosanko0514 | 2009-08-06 23:07 | ecology&economy


<< 大原麗子さん、もっと元気な姿を...      アメリカにできて、日本にできな... >>