2009年 12月 31日
2009年の映画鑑賞を振り返る
大晦日恒例(笑)、
ボクが観た映画の中で総括を行う記事。
今年、2009年に劇場鑑賞した本数は、昨年より4本少ない23本。 
夏に鑑賞できた作品が少なかったのが原因だが、この時期自分自身大変だったこともあるし・・・。

それでは、ボクが選んだBEST5を挙げたい。b0070020_13522635.gif



第5位061.gif
ディア・ドクター」(7月鑑賞)
村で唯一の医者がニセだった。単純にニセだから良い/悪いと言えない今の過疎地の医療制度を西川美和監督は見事に娯楽作品に仕上げた。 キャストの演技力にも拍手。
ただ、日本映画はこれが最高点。 今年は不作だといわざるを得ない。

第4位061.gif
カールじいさんの空飛ぶ家」(11月鑑賞)
やっぱりPIXARスタジオは良いアニメ映画を作る。
絵とか技法だけではなく、映画はストーリーで決まる。
オリジナリティではぴか一。

第3位061.gif
グラン・トリノ」(5月鑑賞)
正直、これを一番にしたかった。(上位が別格であるがため)
アメリカ人よ、こうなって欲しいと思う作品だ。
悪に対する西部劇的な解決を避け、あのイーストウッド監督が出した答。 あの瞬間に心が洗われる気がした。

第2位061.gif
マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」(11月鑑賞)
今年を語る上では絶対に欠かせない、“King Of Pop”マイケルの死。
死の直前までコンサートのリハーサルを繰り返していた日々を、マイケルの名曲に載せて伝えてくれた。
観てからというもの、何か、音楽の大切さが一層増してきた感じがする。

そして、映えある
第1位004.gif
アバター」(12月鑑賞)
SF映画の中でも「2001年宇宙の旅」、「スターウォーズ」と並び称される一大変革をもたらす作品になる。
これからの映画の主流は3Dに移行することを決定付けた。それほど素晴らしい出来栄えだった。
日本にとってこの3Dは、薄型テレビの世界で再び世界をリードできる独占技術でもある。
ますます来年以降の映画界が楽しみになってきた。

今年は、いろいろと変化が始まった年。
日本映画は興行成績はそれなりに良かったかも知れないが、テレビの延長だったり、コミックとのタイアップだったりと、観たいと思った映画が少なかったのが残念。

惜しくもBEST5入りは果たせなかったが、ボクのオススメ作品は?

ベンジャミン・バトン 数奇な人生・・不思議な映画だけど、現実に起こっているような錯覚がした
ウォッチメン・・・奇想天外だったけど、結構楽しめた
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~・・・昭和の香りがぷんぷんした良い作品
沈まぬ太陽・・・すごい大作だった。ただし、豪華な俳優陣の割りにセットの造りが今一つ。




で、
23本の中でワーストだったのは?
イングロリアス・バスターズ・・・痛快なんだけれど、ボクには痛みしか伝わらなかった
[PR]

by dosanko0514 | 2009-12-31 13:43 | 映画は楽しい


<< 謹賀新年      映画鑑賞記「アバター(AVAT... >>