2010年 02月 03日
どうなるトヨタの行方
いやー、日本を代表する企業として経済を牽引してきた「トヨタ」の先行きが怪しくなってきた。

北米やヨーロッパ市場で発売していたクルマにアクセルが戻らない問題を抱え、年間販売台数を超える台数のリコールを発表した矢先、今度は、昨年の日本ベストバイ・カー「プリウス」のブレーキに不具合と思わせる事故やユーザーからのクレームが発覚した。

販売台数が多いため、もし、プリウスがリコールとなった場合、世界中で行うためのコストは莫大になる。
ただでさえ、リーマンショック以降の販売台数の低迷で、2年連続の赤字決算が予想される中、ハイブリッド・カーの好調な販売でV字回復も期待されていたのに・・・・、その切り札に問題があったとは。

ユーザーから見れば、ブレーキは安全運転には欠かせないパーツだ。
その信頼性があるから、ドライバーは気持ちよくアクセルを踏み込むことができる。
一瞬でも、ブレーキが意図と違う反応をするとなると、ドライバーはそのクルマにもはや信用しない、いや、二度と乗りたくなくなるだろう。

アメリカでは、アクセルのリコールの対応が遅いことで、メディアのみならず政府からも批判が噴出している。
2年間の世界一自動車企業は、これからの対応を誤ると、転げ落ちる可能性もあるな。
それは、トヨタだけの問題ではなくなる。 日本の製造業全体の問題になる。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-02-03 23:00 | ちょっと気になる


<< 引退した朝青龍と辞任しなかった...      オフ会 >>