2010年 05月 30日
国立科学博物館 sanpo
土曜日。
5月末とは思えない寒さと、時々降ってくる雨。
バラ園に行くのをあきらめ、上野の国立科学博物館に行ってきた。
b0070020_148490.jpg
実は、特別展「大哺乳類展-陸のなかまたち」 の招待券をもらっていたので、終了前に行っておきたかった。
哺乳類の誕生から現在に至るまでの変遷を発掘された化石や、動物の剥製を使って展示している。
剥製もなかなかリアルだ。
b0070020_14135220.jpg

骨格標本も並べると迫力がある。
b0070020_14154249.jpg

国立科学博物館は初めて入ったが、休日だったせいか、子供を連れた家族ももちろんいっぱいだったが、若いカップルや女性だけのグループが多かった。
人気の展示物の前は、通勤電車のよう・・・・(ボクのようなオヤジ臭い人間は、退散するしかなかった)

見た感じとして、やっぱり剥製はつまらない。 
生きている姿を見てこそ、他の動物に対する敬愛も生まれるのだろう。



特別展は、1時間ほどで見終わったので、残りの時間は常設展示を見て回った。
地球館では、特別展と同じようにいろいろな剥製が展示されていた。
b0070020_14234081.jpg


最後に・・・。
これ、見たこと無い?
b0070020_14242754.jpg


思わず、「SWのヨーダだ!」 ってつぶやいた「アイアイ」の剥製。

上野の森も楽しいなあ。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-05-30 14:25


<< 谷津バラ園 再び      iPadで何かが変わる >>