人気ブログランキング |
2010年 07月 16日
映画鑑賞記「トイ・ストーリー3」
(REAL-3D字幕版) 鑑賞日:10.07.16 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

さよなら、おもちゃたち。
この夏、あなたは、最も優しく切ない“さよなら”に出会う―。


<ストーリー> (公式HPより引用)
おもちゃにとっての“最高の幸せ”は、子供たちと過ごす楽しい時間。だが、それは永遠に続かない。
子供はやがて成長し、おもちゃを必要としなくなる日が来るからだ。
 カウボーイ人形のウッディは、ご主人様アンディの一番のお気に入りだった。だが、アンディはもうすぐ大学に進学するためにこの家を出て行くことに…。そんなある日、ウッディたちは何かの手違いでサニーサイドと呼ばれる保育園に寄付されてしまう。新しい住処を得て、大喜びのバズ・ライトイヤーら仲間たち。ウッディは「アンディを信じろ」と彼らを説得するが、誰も聞く耳を持たない。だがそこは、おもちゃを破壊しまくる凶暴な幼児たちが集まる、おもちゃにとっての地獄だったのだ…。
アンディの家を目指してひとり脱出に成功したウッディだったが、仲間たちに危険が迫っていることを知る。果たしてウッディは仲間たちを救出することができるのか?そして、戻る場所を無くした彼らを待ち受けていた、予想もできない<運命>とは…?
映画鑑賞記「トイ・ストーリー3」_b0070020_2119265.jpg





<感想>
 アニメ、それもおもちゃが主人公なのに・・・、こんなにいとおしく感じるのはなぜだろうか?

映画鑑賞記「トイ・ストーリー3」_b0070020_2119278.jpg
子供が相手の時は「おもちゃ」になりきっているが、人の目が届かないと、とても愛嬌のある表情で動き回るおもちゃたち。

本作は、そのおもちゃたちと、ご主人だった少年との別れを描いているが、予告編で観た保育園での別れでもなく、ゴミ焼却場での悲しい最期でもなく、感動的な別れが待っていた。

映画鑑賞記「トイ・ストーリー3」_b0070020_2119350.jpg
少年が主人公ウッディを惜しむように手放す姿に、思わず涙した。
うーん、そう来たか・・・。

ボクが子供のときに遊んだおもちゃもいつの間にか、ボクの手を離れていった。
こんな別れがあったのかも知れないが思い出がない。
きっと親が目の届かないところに持っていった(人に譲ったり、捨てたり)のだろう。
こんな感情を持ったおもちゃだったら、手放さないだろうけど・・・。


映画鑑賞記「トイ・ストーリー3」_b0070020_2119365.jpg
それにつけても、この映画のクオリティは非常に高い。
アニメにありがちな粗さは全く無い。
3Dで観たのだが、極端な立体感は感じなかった。 ある意味慣れたのかも知れない。
本作の前の「Day & Night」の方が楽しめるかも?
予告編もすごかったけど・・・(ディズニー映画は全部3Dになるのか?)

本作から登場のキャラクターも可愛らしい!
あの日本アニメの○○も・・・。

USの映画DatabaseサイトのRatingでは、歴代の名作を押しのけてBest10入りしているぞ!(7/17現在)

by dosanko0514 | 2010-07-16 21:23 | 映画は楽しい


<< この空を見たら・・・      エントの庭の花たち >>