2010年 12月 26日
ハイレベルのフィギュア女子の戦いに感動
ショートプログラムでの結果から、期待も大きかったが、これほどのものとは・・・。
asahi.comより「安藤が逆転V、浅田は2位 全日本フィギュア」
 フィギュアスケートの全日本選手権は26日、最終日が世界選手権(来年3月、東京)の代表最終選考会を兼ねて長野・ビッグハットであり、女子フリーで前日のショートプログラム(SP)2位の安藤美姫(トヨタ自動車)が137.58点でフリー1位となり、合計202.34点で逆転で6季ぶり3度目の優勝を果たした。5連覇を目指したSP1位の浅田真央(中京大)はフリーで127.47点の2位となり、合計193.69点で2位だった。16歳の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)が187.52点で3位に入った。
村上選手がノーミスで滑り終えると、これは優勝かも?と思ったが、その後に滑った浅田選手がもっとすごかった。
全てのジャンプが完璧で、演技途中から、今年の不調だった頃を思い浮かべて、思わず涙腺が緩みだした。
演技が終ると会場内は歓声とともにスタンディング・オベーション。これにもウルっと来た。
これで終らなかったのが今回の大会のすごいところだった。
ショート2位の安藤美姫選手の演技が始まると、画面から彼女のオーラが伝わってきた。
ジャンプの高さは今までも定評があったが、それ以外の要素も全て指先まで気持ちが入っていて、どんどん引き込まれる。
終ってみれば、200点越えの完璧な演技。
こんなにハイレベルなフィギュアの国内大会は観たことがなかった。
世界選手権が楽しみだ。
[PR]

by dosanko0514 | 2010-12-26 22:11 | スポーツ観戦


<< 御用納め      聖夜に輝く白い光 >>