2011年 01月 15日
定着すれば良いな
クリスマスから、日本中に現れた「タイガーマスク」。

ランドセルから始まったこの現象、今では文房具から商品券、野菜に、そして金塊まで寄付されたらしい。

欧米に比べれば、まだまだ意識が低い寄付行為。

この現象がきっかけとなり、世の中で不遇な境遇にある人たちに何らかの支援の輪が、継続的に広がっていくことを期待したい。

タイガーマスクこと伊達直人、一躍時の人となってしまったが、もう一人の「直人」は果たして、この現象をどのように見ているだろうか?

選挙の道具としてとしか考えられない「こども手当」。
あまねくばら撒いたため、巨額の税金が使われてしまったが、その成果はどうだったのか?

児童養護施設などに収容されている不遇な立場の児童生徒たちにも、学業で人生の逆転チャンスを与えてあげる方が確実に役に立つ政策だと思うし、それほどの税金も必要ないだろう。

当然のことながら、一般からの寄付額が増えてくれれば、日本の将来も明るいことだろう。
[PR]

by dosanko0514 | 2011-01-15 21:16 | ちょっと気になる


<< Hotel California      トウネンと仲良し >>