2011年 01月 22日
苦境での勝利「アジアカップ・サッカー」カタール戦
一時はもうダメかと思っていたが、見事な逆転劇に、疲れていても興奮で寝付けなかった。

後半16分に、DF吉田が2枚目のイエローをもらって退場。

これもアウェーの洗礼なんだろうな。
主審も線審もカタールひいきに映った。

その後のFKも決められて、一人少ないメンバーで1点のビハインド。

これまでのジャパンだったら、絶望的な状況だったが、
今のチームは違っていた。

25分に遠藤から渡ったボールを本田は相手DFの間に絶妙なスルーパスを通し岡崎に。
岡崎が胸でトラップしてフィードしたボールは近くにいた香川がそのままドリブルで持ち込んで、キーパーと1対1になった。
今、ヨーロッパサッカーで期待される若手選手と評価されている香川は落ち着いてキーパーの脇を抜くシュート。
実に美しい得点。
ザッケローニ監督のガッツポーズも派手だった。
これがジャパンの勝利につながった。

決定力不足と言われ続けてきたジャパンだったが、次の試合も大いに期待できる。
[PR]

by dosanko0514 | 2011-01-22 09:45 | スポーツ観戦


<< 水仙      Hotel California >>