2011年 03月 10日
地震が多いなあ
昨日、昼前に起きた三陸はるか沖地震にはちょっと驚いた。
今までに経験した地震とは違った揺れを感じたからだ。

最初、細かな縦揺れがあり、それからユサユサとした横揺れがあったまでは普通の地震だったが、
それから、ゆっくりとした周期で建物全体がしばらく揺れた。

これが、今、超高層ビルでの被害が懸念されている「長周期地震」の正体だった。

ボクのオフィスビルは11階だから高層とも言われないかもしれないが、あれだけ揺れたのだから、もっと高いビルではきっともっと揺れたところもあったに違いない。
事実、東京都庁では、震度2であったにもかかわらず、大きく揺れたそうだ。
一時、エレベータも緊急停止したらしい。

三陸のはるか沖で起きた地震でこれだけ揺れたのだから、距離的に近い東海沖地震が起きたら、首都圏の高層ビルの揺れ被害は、想像を絶するかもしれない。
固定されていない家具などが揺れで激しく動き、窓を突き破って地上に落下するかもしれない。
何らかの対策はないだろうか?

いつ起きても不思議はない東海地震。
いざというときの備えはできているかな?

海外でも、クライストチャーチや、雲南省でも大きな地震が起きた。
対岸の火事ではなさそうだ。
[PR]

by dosanko0514 | 2011-03-10 23:30 | ちょっと気になる


<< 恐怖の地震体験      イソヒヨドリ >>