2011年 04月 20日
誰の責任になる?
6人もの小さな命を奪った交通事故。
その原因として、運転手のてんかん発作の疑いが強くなってきた。

Yomiuri Online記事「「持病の薬飲み忘れた」6人死亡事故の運転手」より
 栃木県鹿沼市樅山(もみやま)町の国道293号で18日朝、集団登校中の同市立北押原(きたおしはら)小学校の児童6人がクレーン車にはねられ死亡した事故で、自動車運転過失傷害容疑で逮捕された同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)が、栃木県警の調べに対し、「持病の発作を抑える薬を飲み忘れていた」と供述していることが19日、捜査関係者への取材でわかった。


酒酔い運転の場合は、危険運転致死罪で厳罰に処せられることが多いと考えられるが、この場合は、どうなのだろうか?
そもそも「てんかん」の持病を持った人が運転することの危険性が公に議論されてきたのだろうか?
精神疾患者に対する人権の問題もあろうかと思うが、人の命と比べれば何らかの規制はあってしかるべきだろう。

かけがいのない我が子を失った家族の思いを考えると、法律の不備に対する批判も取りざたされるような気がする。
[PR]

by dosanko0514 | 2011-04-20 08:58 | ちょっと気になる


<< ああ、スーちゃん 逝く      源平桃 >>