2011年 07月 17日
映画鑑賞記「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」
鑑賞日:11.07.17 鑑賞場所:シネマイクスピアリ

これが、最後。

<ストーリー> (cinemacafe.netより引用)
 慣れ親しんだホグワーツを飛び出し、ヴォルデモートと死喰い人たちの追撃から逃れつつ、3つ目の分霊箱を破壊したハリー、ロン、ハーマイオニー。そんな彼らを助けて命を落としたドビーへ報いるべく、3人は4つ目の分霊箱が隠された地下銀行・グリンゴッツに潜入する。だが、難攻不落の銀行を守るゴブリンたちに見つかり、ハリーたちは地下奥深くへ追い詰められていく――。
b0070020_22235274.jpg





<感想>
b0070020_22204059.jpg10年に渡るシリーズもいよいよ最終回だ。
PART1では、ヴォルデモートとの最後の決戦が始まり、次々とハリーの仲間が命を落としていくストーリー展開に、PART2はどんな悲劇が待ち構えているのかと、ちょっと不安になりながら映画館に向かった。


b0070020_22204420.jpg観終わって、本当に最終回に相応しい、達成感のような気持ちになれた。
ダークな気持ちも晴ればれしたし・・・。(ネタばれなしで・・(笑))

今までの作品で生じたいくつかの謎が一気に解けたし、ハリーの周りの人の友情だったり、正義と勇気もたっぷり味わった。

b0070020_22203424.jpg何より、10年前の1作目から出演していた当時の子役たちが、立派な大人の俳優に成長したことが嬉しかった。
シリーズモノって、途中で俳優が交代したりして、雰囲気が変わってしまうことがあったりするものだが、本シリーズは、ホグワーツ校長が替わったくらいで、違和感が無かった。

また1作目から順を追って観たくなったな。
[PR]

by dosanko0514 | 2011-07-17 22:25 | 映画は楽しい


<< なでしこジャパン世界一!!      病気を責めてみても・・・ >>