2007年 03月 14日
大事に至らなくて良かった
機長の冷静な判断と的確な操縦が、乗客・乗員を救った。
Excite ニュース「<全日空機>後輪だけ接地、機首宙に浮いたまま緊張の20秒」
昼前にこのニュースを知って、昼のNHKニュースを食い入るように見た。
それにしても、見事なランディングだった。
機首を静かに接地する技術の難易度は、素人のボクは分からないが、
多少の火花が出た程度で済んだのは、不幸中の幸い。

それにしても、事故機、過去にも多くのトラブルが起こっていて、
いずれ大事故に繋がるのではないかと心配されていた。
空の安全は、しつこいくらいの点検で守られている。
[PR]

by dosanko0514 | 2007-03-14 08:44 | ちょっと気になる


<< 映画鑑賞記「パフューム -ある...      試し撮り >>