2008年 01月 17日
地震に備えよ
今日は、阪神淡路大震災から13年。

震災から半年経った現場近くを出張の電車の窓越しに見たときの爪痕の大きさを今でも覚えている。
今でも、震災に見舞われた人々の心の傷は癒えているとは言いがたい。

一方、ボクの住む首都圏は、幸い、大きな地震の災害からは免れているが、過去、巨大直下型地震が起きて甚大な被害が出ているところ。
1923年の関東大震災では10万人以上が犠牲になっている。

最近、人に感じる地震が少なくなっているのが気になる・・・・・。
内閣府の中央防災会議の議事録を読むと
今は、地震の活動期に入っていて、マグニチュード7クラスの地震はいつ来てもおかしくない状況らしい。
もし、夕方の時刻で東京湾北部を震源とした地震が起きたら・・・、
死者11000名、建物の消失や損壊85万棟、帰宅困難者650万人との予測。

ボクも帰宅困難者になるだろうし、自宅一体は液状化現象で被害が大きくなっているだろうな。

いつ起きても、最低限生き延びるだけの準備はしておこう。
[PR]

by dosanko0514 | 2008-01-17 09:05 | ちょっと気になる


<< ラジコン機      映画鑑賞記「アース」 >>