2008年 02月 24日
ロス疑惑再び司直の手に
昨日のニュース・トップに驚いた!?

忘れかけていた、「ロス疑惑」の主、三浦和義元被告がサイパンで身柄を拘束されたそうな。
 【ロサンゼルス23日共同】米ロサンゼルス市警は23日、1981年11月にロサンゼルスで起きた銃撃事件で妻を殺害したとして、殺人と共謀の容疑で会社役員三浦和義容疑者(60)が米国自治領のサイパン島の空港で22日午後、事件から約27年後に逮捕されたと発表した。米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は23日、ロサンゼルスで裁判を受ける可能性があると伝えた。
27年前の1981年って、ボクがまだまだ若造の頃・・・(汗)
当時、奥さんの一美さんに1億8千万円の保険金をかけていたことから、週刊文春の疑惑記事から当時のマスコミが大騒ぎとなって、警察もアメリカの捜査当局と連携して逮捕までこぎつけたが、裁判では、決定的な立証に乏しく、結局無罪に・・・。(別件では実刑判決を受けたけれど)
それで、今回の逮捕劇。
果たして、ロスでの裁判ではどのような審判が下されるのだろうか?

個人的には、絶対クロだと思っているのだが・・・・。
[PR]

by dosanko0514 | 2008-02-24 11:01 | ちょっと気になる


<< アオサギ      春の嵐 >>